Sponsored Link

マウスピース矯正で得た学び

【マウスピース矯正で滑舌改善】自身の変化について現役患者が解説する

投稿日:2020年12月25日 更新日:


Yoshiaki
マウスピース矯正も佳境に差し掛かり、自分自身にもたらされた変化を棚卸しすることも多くなりました。

そんな中、滑舌の改善を実感しています。

歯列を改善したことでお話しする動作が楽になりましたし、話しているときの自分自身の口元にも自信が持てるようになってきました。

(YouTube動画を見比べていただくとわかりますが、差は歴然です)

過去の私

最近の私

今回はマウスピース矯正で滑舌改善した後の、自身の滑舌の変化についてお話しします。

結論:マウスピース矯正で滑舌が良くなる“準備”ができた

これに補足する形で、本記事は展開していきたいと思います。

では、まいりましょう。



【マウスピース矯正で滑舌改善】自身の変化について現役患者が解説する

大前提として、口周りの状態が悪いと話しにくいです。

歯並びが悪いと、それに付随して口周りの状態も悪くなり、話すための機能性も低くなってしまうので滑舌も悪くなりがちです。

私は、まさにその状態でした。

 

↓かつての私です。口元がこんな状態じゃ、話しづらいのも当然ですね( ´∀` )。

横顔

歯並び

 

以下、滑舌が良くなるまでの歩みです。

クリックしてもらえるとブログ記事や動画サイトへ飛びます。

これらの事があったおかげで、話すのが徐々に楽になり、YouTubeへの投稿が増えました。

特に前半3つが大きかったです。

舌小帯切除は舌可動域が広がり、舌のトレーニングの成果が感じやすくなります。

ボツリヌス菌製剤を下顎に注射した治療(👆過去記事用参照)をした結果、私は下顎の筋力を弱めました(下顎にシワが寄る人は要注意)。

その結果、歯列矯正の治療を大きく進めることができました。

 

そんなこんなで、話すことにちょっと自信が出てくると(というかコンプレックスが無くなってくると)、こういった挑戦心も出てくるようですね。



【実感】滑舌の改善には、舌、口周りの筋トレ、話しているときの口の動きが大切!

滑舌よくお話しするには、話すための環境を整えることが重要です。

野球で例えるなら、良い練習をするためにグラウンドをローラーがけするようなものです。

滑舌よりも前に、環境を整えましょう。

 

やることはいっぱいあります。

私は、

舌の柔軟性舌、口回りの筋力顎の筋力をリリースアライナー矯正

といった順番で取り組みました。

書いてある通り、歯列矯正までが本当に長かったです。

ここまで行って、初めて滑舌を鍛えるタームに入れた感触がありました。

滑舌は、文字通りお話ししないと鍛えることはできません。

当然、話すときの口元(スポーツで言うならフォームみたいなもの)が不格好だと滑舌は良くならないと実感しています。

例えば、ロクでもないフォームで良い球が投げられないのと理屈は一緒です。

なので、話すときの口元に注目すること、口の形そのものを整えることは非常に意義があると思います。

*食卓に鏡を置いて食事をしていたこともありました

 

自分にどんな治療が必要なのか、しっかり歯医者さんに相談し、治療を試しましょう。

(この姿勢を全うするには100万円くらいあったほうがよいです。お金がないと、決断に渋ってしまうでしょうから)

今、100万円がない人は節約を頑張るか、デンタルローンを利用したほうが良いでしょう。

 

👇節約の仕方がわからない人向けの参考記事

最強の節約法4つと副収入源1つ【お金が貯まり、湧いてくるを実現】

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    -マウスピース矯正で得た学び
    -

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.