Sponsored Link

貯金について

楽な貯金を実現する仕組みを解説【取り入れるのは3点だけ】

投稿日:2021年3月26日 更新日:


Yoshiaki
こんにちは。Yoshiakiと申します。買わない生活歴11年、社会人5年目で貯金1000万円を達成した現役の会社員です。

この記事を見に来てくれた人は「楽しく(というより楽に)お金が貯めたい」「苦しくない、普通に生活して貯金できる仕組みが知りたい」といったニーズがあるのではないでしょうか?

100万円貯金するにしても1000万円貯金するにしても、貯金できる仕組みが最も重要と感じています。

そして、楽な仕組みじゃないと継続できない事も学びました。

 

以下、楽な仕組みについて解説いたします。全部読んで楽な貯金のコツをばっちり掴みましょう!

では、まいりましょう。



楽な貯金を実現する仕組みを解説【取り入れるのは3点だけ】

 

結論は以下の通りです。

 

  • 自動引き落としを使う
  • 狭い部屋に住む
  • 冷蔵庫は小さめのものを使う

 

これら3つをやるだけですが、色んな方向へメリットが拡張します。

ひとつずつ深めていきましょう。



自動引き落としを使う

 

  • 定期預金
  • 定期買い付け
  • 【おまけ】円安リスクに備え、外貨(米国ドル)も買っています

 

自動引き落としの名前通り、あなたがATMへ行って給料を振り分ける必要はありません。貯金したい人は定期預金、株式投資などで資産運用したい人は定期買い付けサービスを使いましょう。

普通に過ごして「そういえば私自動引き落としやってたんだっけ?」と忘れているくらいが丁度よいです。

 

円安リスクに備えたい人は外貨を持つことが良いと思います。日本の先行きが少し不安な、心配性な人向けなのでこれはおまけです。

 

スーパーに近い、狭い部屋に住む

 

え!狭くね??って感じるくらいが丁度よいです。理由は家賃が安いことが多いからです。

まずは固定費の削減を図りましょう。大きなもの(つまりは値段の高いもの)を置けなくなるので余計な買い物が減ります。

 

次にスーパーに近い所に住むべき理由です。

スーパーに近いことでストックを持つ必要がなくなるからです。狭いことがもたらす強制力は、是非利用すべきです。スーパーは広いし倉庫もあるしスタッフもいますのでストックを持つことに向いています。ストックはスーパーに任せた方がよさそうですね( ´∀` )。



冷蔵庫は小さめのものを使う

 

目安は100L程度。150Lくらいだと、たぶん食材が余ります。

目的は余計な買い物と食品ロスを減らすことです。

 

冷蔵庫が小さいと、買い替えの回数が増えるじゃないかと思うかもしれません。しかしここで、スーパーが近いところに住むということにつながります。

歩いていける距離にスーパーがあれば買い物のたびに良い運動になりますし、食欲もわきますので食品廃棄ロスが減ることにつながります。

節約効果に加え、多少の健康効果が期待できるアプローチです。



【体験談】苦しい節約は貯金できませんでした。

 

今は楽に、普通に過ごすだけで節約できていますが、失敗もしました。それは苦しい節約は続かないということ。続かなかったと言う事は、節約に失敗したということです。

 

具体的には食費を削っていました。シンプルに苦しかったです。

「こんだけ苦しい思いをしている自分は報われる、いや報われるべきだ!」とマジで思っていました。

結果は3日で挫折。空腹のストレスで周囲に当たり散らす、ただの歩く公害です(笑)。

 

なので、楽をしましょう。

貯金は楽したほうが上手くいくものですので、本日触れた3点、是非やってみてくださいね。

成果を出すなら、楽なほうが絶対に良いです。

 

✅楽に貯金するために、ある程度突き詰めた形がコチラ

一ヶ月の生活費65000円の内訳【最適化された買わない生活】

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓貯金をがんばるあなたを応援します!フォローお願いします。

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。貯金が得意で株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    -貯金について

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.