年収300万円台。4年半で1000万円貯金した私が発信する「20代の会社員が100万円貯金するための基礎」はコチラ

Yoshiakiブログ

節約術

4年半で1000万円貯金した会社員が効果を実感した節約術7選

投稿日:2021年4月28日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

貯金が得意で4年半で1000万円貯金した会社員です。

 

貯金するためには支出を減らすことが重要です。

当ブログで想定している20代会社員の皆様は、収入を伸ばすことが簡単じゃないからです。

出来ることから、効果の期待できる事からやっていくことがとても重要です。

なので、出費を抑えることをやりましょう。

 

今回紹介する節約術は、実際に削ることができた額も合わせてお話しします。

では、まいりましょう。

 

4年半で1000万円貯金した会社員が効果を実感した節約術7選

 

  1. 洗濯機はレンタル 10万円 ⇒ 年間1万円
  2. ふるさと納税 納税先の返礼品ゲット
  3. 図書館、電子図書館を利用 0円で読書
  4. 湯シャン シャンプー代年間10000円 ⇒ 0円
  5. ウエル活 日用品を数百円安くゲット
  6. セルフカット カット代年間18000円 ⇒ 0円
  7. 家電を値切って購入 業界最安値付近

 

金額がしっかりわかっている部分だけでも毎年12万円近く削っています。

そしてこの12万円は、今後、私の人生で一生かからないお金です。

 

毎年12万円支払うのか、支払わないのかで貯金残高は24万円の差が出ます。

これが5年続いたら60万円、10年続いたら120万円の差が出ます。

 

そこを踏まえて読み進めてくれると理解が進むかと思います。

 

ひとつずつ解説しましょう。

 

洗濯機はレンタル 10万円⇒年間1万円

 

これは発想の転換です。

安く買うんじゃなくて、借りています。

使うのは「かして!どっとこむ」。

 

新生活をスタートさせる人向けのサービスとして知られており、私は洗濯機を利用しています。

実際に買うと高くて、借りると安いからです。

 

転勤族で数年単位で引っ越しする人はもちろん、ミニマリストで家具・家電を増やしたくない人も絶対に利用したほうが良いです。

人生での身軽さを維持する目的で、買わずにあえて借りるのも一計ですよ( ´∀` )。

 

▼申し込みはコチラ▼



 

ふるさと納税 返礼品ゲット

ふるさと納税っていわゆる税金の前払いです。

納税する自治体を選び、自治体が返礼品を納税者に送るのが大まかなシステムです。

 

ふるさと納税をしない会社員は金銭的に圧倒的な損をしていますので、適正納税額を調べて返礼品を選んで納税をしましょう。

美味しい食材を返礼品に選択するのが、とてもおススメです。

現在では仕事終わりにWEBでパパっとできるようになっていますので、忘れないうちに納税して返礼品を受け取りましょう( ´∀` )。

 

ふるさと納税は全会社員の年間恒例行事になってしかるべきです。

👇忘れないうちに、年度の初めにやっておくことをおススメします。

 

 

図書館、電子図書館を利用 0円で読書

図書館は宝の山です。

知識の集積地と言っても過言ではないです。

最新のことは学べませんが、それ以外の事ならひと通り学べる環境にあります。

しかも無料でです。

 

また、電子図書館が利用できる地域もあるようです。

利用できる人は是非利用しましょう。

 

タダで学んで、本業で活かせたら収入もUPするのでコストパフォーマンスが高いです。

使わないと、損です。

 

湯シャン 年間10000円⇒0円

湯シャンを始めたのは20歳くらいの時です。

抜け毛や薄毛には湯シャンが良い!っていう当時の都市伝説を信じ、始めました。

(私は運よく髪がボリュームアップしましたが、根拠はよくわかってないです)

 

シャンプー、リンス、コンディショナーを使わないので、その分の出費が浮きます。

最初は慣れませんが、慣れたら普通に生活するだけで節約になります。

頭皮がベタベタすることもなく、ここ11年ほど過ごせているので、今後シャンプーを買うことはないでしょう( ´∀` )。

 

 

ウエル活 日用品を数百円安くゲット

 

いわゆるポイ活です。

楽天経済圏は人気ですが、私は諸事情により使っていません。

節約族はお金をほとんど使わないって人が多いので、ポイント還元で得られるメリットは微々たるものです。

 

金銭的にそこまで差が付くってわけでもないので自分に合ったポイ活をしましょう。

私はウエル活が一番合っていますので採用しています。

 

 

セルフカット 年間18000円⇒0円

もともと美容室通いが精神的に苦痛で始めた習慣でした。

薄毛な人が美容室で明るく振る舞うのは大変だからです。

なので、自分で髪を切ることにしました。

 

セルフカットは、今では節約習慣の主力です。

美容室って高いですからね・・・。

セルフカットならハサミバリカン100均のヘアバンドがあれば事足ります。

 

今では湯シャンの習慣も相まって、髪はボリュームアップしたので美容室を毛嫌いする理由は無くなりました。

でも、オシャレよりも節約の方が楽しいのでセルフカットを続けています。

10年以上やった結果、セルフカットがどんどん上手くなったので、楽しめています。

 

 

家電を値切って購入

 

メーカー勤務のエンジニアだから、元家電販売員だから言えることですが、家電は値切るべきです。

家電量販店に置いてある家電は、何円で手に入れようが家電から受け取れる便益は同じだからです。

また、交渉次第で値切ることができるからです。

 

手に入れるのにお金がかかる家電は業界最安値付近で手に入れて、生活難易度を下げるに限ります( ´∀` )。

PCとか冷蔵庫とか電子レンジとか、家電を買い替える予定の人は、4年以上店員をやっていた人間のノウハウをご覧ください👇。

 

 

以上が節約効果実証済みの7選になります。

 

最後に基本の確認です。

 

節約の基本は固定費削減です。

中でも家賃はシビアに削りましょう。

家賃削減に奮闘した話を参考記事として貼っておきますので、ぜひご覧になってください<(_ _)>。

 

✅家賃削減エピソード

1LDKの賃貸物件に1万円台で住む方法【私の家賃削減エピソード】

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事4選

1

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 20代で固定費削減を頑張ったおかげで29歳の秋ごろに貯金額が1000万円になった会社員です。   20代のう ...

2

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 私は湯シャン歴11年の現役会社員です。 国立大学大学院卒の探求心を活かし、私の湯シャンは11年の歳月を経て最適化された ...

3

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金1000万円を4年半で達成し、投資によって金銭的悩みを徐々に消している会社員です。   私は現在31歳で ...

4

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金が得意で4年半で1000万円貯金した会社員です。   貯金するためには支出を減らすことが重要です。 当ブ ...

-節約術

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.