貯金について

貯金したい20代会社員は「無料で」ビジネスに挑戦すべき理由

投稿日:2021年5月23日 更新日:


Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

無料でビジネスに挑戦することで貯金のモチベーションを上げている会社員です。

ほんの少しですが、お金を稼いだ経験をもとにお話しできればと思います。

 

ビジネスと貯金って関係なくない?」って思った人に読んでもらいたいです。

かくいう私もビジネスに挑戦する気はさらさらありませんでした。

しかし、挑戦した結果、貯金のモチベーションが得ることができました

そのことをお話しします。

 

では、まいりましょう。



貯金したい20代会社員は「無料で」ビジネスに挑戦すべき理由

 

  • お金の大切さを学べる
  • ミスってもお財布はノーダメージ
  • 費やした時間が無駄にならない
  • 「無料」って制限でクリエイティブになる
  • 稼げる(かもしれない)
  • 税金分野が学べる(稼げたら)

 

結構多いので、ひとつずつ深めていきましょう。

 

お金の大切さを学べる

どんな仕事でも、1円を稼ぐのって超大変です。

例えば物販なら、1円を稼ぐために企画し、集客し、販売し、取引を成立させないといけないからです。

 

私は1円稼ぐのに10カ月かかりました

うん、雑魚ですね( ´∀` )。

私にとっては1円を稼ぐことがとても大変でしたのでお金をより大切に思うようになりましたし、無駄な買い物はお金に対して失礼だなと思うようになりました。

 

ミスってもお財布はノーダメージ

無料の意義はここにあります。

無料なら、どんなに仕掛けまくっても損失はゼロです。

 

ビジネスの大半は身銭を切らないとダメなケースが多いです。

ネットビジネスが出てくるまではお金が無いと起業はほぼ無理でした。

今は恵まれていますね( ´∀` )。

 

費やした時間が無駄にならない

ビジネスは仕掛けては失敗し、反省し、また次に活かすを繰り返します。

その経験は働くことを辞めない限り無駄にならないです。

 

たくさん失敗したら無駄っぽいですが、最終的に儲けるための形に行き着けば無駄になりませんし、従業員として働くにしても上司や経営者の望むことを理解した行動を取りやすくなるので気に入られやすくなります。

(雇われ従業員は上に気に入られるかどうかが死活問題です)

経営サイドにせよ、従業員サイドでもビジネス経験は生きますよ。

 

「無料」って制限でクリエイティブになる

制限が加わると人はクリエイティブになります

「自由に何でもやっていいよ~」よりも「無料なら、何でもやっていいよ~」の方が想像力が働きます。

無料って結構いい感じの制限です。

お金をかけてはいけないって制限ならゲーム感覚で楽しめると思いますし、ミスっても財布も人生もダメージゼロです。

 

稼げる(かもしれない)

ビジネスが当たったら、もちろんお金が稼げます。

当たるまでは大変でしょうが、自分で仕掛けたビジネスは、どんな仕事であれアルバイトや会社員以上に稼ぐポテンシャルはあると思います。

「自分でお金を稼ぐことが出来る!」って体験をしてみるとわかりますが、ビジネスは大人でも楽しめます。

 

 

税金分野が学べる(稼げたら)

稼いだ分は納税しないといけないからです。

税務署に行ってどんな形で納税したらいいか聞きに行けば割と親切に教えてくれます。

(税務署は税金を納めたい人には大変優しい所です)

 

稼いだ後のお楽しみですね( ´∀` )。

 

「無料で」できるビジネス2つ

 

  • ブログ
  • YouTube

 

あまり説明しなくてもいいですね( ´∀` )。

 

注意点

 

  • 参入障壁が低いので競合が多い
  • 正解を自分で見つけないといけない

 

ビジネスをバリバリしている人からしたら大したことないのでしょうが、20代の会社員は違いますよね( ´∀` )。

注意点はライバルの多さ、正解を自分で探さないといけないことです。

 

無料で始められるだけに学生、主婦、会社員・・・いろんな立場の人が色んなコンテンツを発信しています。

参入してくる人が多いと言うことは、競争しないといけないってことです。

 

競争しつつ、儲かることをしないといけないのでハードです。

しかし、無料なので思い切った作戦だってうてます。

振り切って挑戦してみましょう。

楽しいはずです。

 

【実体験】お金を稼ぐのは大変だとわかったので、会社の見方が変わった

当ブログの収益性は雑魚です。

しかし、ちょっとはお金を稼いでくれています。

その額を見て「大した事ないな~」と思う一方、

 

「お金を稼ぐってなんて大変なんだろう。会社ってスゲー」

 

って思えます。

 

私はメーカーに勤めていますので自社商品がある事社員を雇えるくらいの収益がある事って本当にすごいことだと感じます。

会社の凄さを知ると、不思議とビジネスや貯金を頑張るファイトが湧いてくるってものです。

 

【実体験2】貯金が出来てきたらビジネス欲が湧いてきました

ビジネスなんてやる気しないよって人もいると思います。

何を隠そう、私も数年前までビジネスなんてやる気ゼロでした。

しかし、貯金を1000万円ほどしたら「自分はお金が得意なんじゃないか・・・?」「ビジネスもやったらできるんじゃないか・・・?」って思うようになりました。

 

この経験から、貯金がある程度できたらビジネスに挑戦したくなる人もいるとわかりました。

 

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事4選

1

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 ミニマリスト習慣を10年以上取り入れている会社員です。 貯金額1000万円を達成し、現在も毎月収支は大幅黒字です。   年収が ...

2

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 節約生活を11年以上継続している会社員です。 貯金生活を継続する最重要ファクターを、ストレス対処だと位置づけています。   本 ...

3

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金1000万円を4年半で達成し、投資によって金銭的悩みを徐々に消している会社員です。   私は現在31歳ですが、20代だった ...

4

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金が得意で4年半で1000万円貯金した会社員です。   貯金するためには支出を減らすことが重要です。 当ブログで想定している ...

-貯金について

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.