固定費削減

【30代で差がつく】20代会社員が最初にやっておきたい固定費削減

投稿日:


Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

20代で固定費削減を頑張ったおかげで29歳の秋ごろに貯金額が1000万円になった会社員です。

 

20代のうちに固定費削減をやっておくことで、30代で差が付きます。

固定費削減を一生懸命調べたり、実際にやる20代はあまりいません。

だから差がつきます。

 

今回は20代会社員が最初にやっておきたい固定費削減を解説します。

では、まいりましょう。



【30代で差がつく】20代会社員が最初にやっておきたい固定費削減

 

  • 住居費
  • 民間保険
  • 通信費

 

住居費が一番インパクトがぶっちぎりで大きいです。

家賃が1万円台の私でも、未だに家賃が家計に占める割合がトップです。

 

 

住居費(家賃、固定資産税、火災保険、住宅ローンなど)

 

まずは賃貸物件で生じる主な固定費についてです。

 

  • 家賃
  • 火災保険

 

火災保険は結構値段がまちまちです。

ぜひ「火災保険 安い」でググってみましょう。

 

20代で持ち家を持っている人は少数だと思いますが、持ち家についても触れておきます。

 

  • 固定資産税
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 住宅ローン

 

実際に払うとわかりますが、家賃のインパクトが圧倒的に多いです。

保険は数千円レベルですが、家賃や住宅ローンは数万円なんてザラです。

住宅関係のコストだけ、異常なくらいバグっています。



住居費を下げる方法

 

  • 家賃補助の出る会社に就職(体験しました
  • 住み込みで働く
  • 結婚してパートナーと折半する
  • 実家に住む
  • (公営住宅に住む)←可能性低い
  • 個人事業を持って家賃の一部を経費にする

 

並べてみると結構ありますよね。

家賃補助のある会社に入れるか、共働きを受け入れてくれるパートナーに出会えるか、実家から通えるのか、個人事業を成功させられるかは運ゲーの要素が強いと思います。

ただ、4つのうちのどれかを達成できれば家賃の負担は大幅に軽減されるので、頭の片隅に置いておいても良いと思います。

 

残りの2つについてもお話しします。

住み込みはアルバイトでやることをおススメします(正社員の場合だとちょっと危ないかも・・)。

リゾートバイトが当てはまりますね( ´∀` )。

 

公営住宅は収入が低いと入れるみたいですが、会社員なら多分入れません。

また、単身者でも入るのは厳しいようです。

ただし、資産は度外視らしいです。

 

民間保険

会社員になると、色んな所から色んな勧誘されます。

電話、ポスティング、通勤帰り・・・営業の人たちがめちゃめちゃ頑張っています。

しかし、保険は薦められたものを選んではいけません

 

自分で、よく吟味したものを選びましょう。

以下、民間保険を選ぶコツです。

 

*ちなみに独身、大きな病気したことない、車・自転車無しって人は民間保険は要らないです



民間保険を選ぶコツ

 

  • 何を持っているか
  • ハプニングが起きた時のリスク
  • リスクに対する保障をはっきりさせる
  • ニーズに合った一番安い保険を探す

 

これら4つを紙に書き出し、考えてみましょう。

ひとつずつ深めていきましょう。

 

車、生命保険、自転車の例

 

持っているもの

  • 配偶者
  • 自転車

 

ハプニング&ハプニングが起きた時の想定リスク

  • ・・・事故って死ぬ
  • 配偶者・・・私が死んだら妻がお金に困る&寂しい(かも)
  • 自転車・・・転倒によるケガ、人様にぶつかり加害者になる

 

リスクに対する保障をはっきりさせる

  • ・・・事故時の対人保障はつける、車両は多少傷ついても良い
  • 配偶者・・・私の死亡リスクには備えたい
  • 自転車・・・人と衝突したときの賠償保障

 

 

これらを総合して、ひと月に大体6000円かかってます。

妻がいて車も持っていることを考えると安いほうかなと思います。

 

繰り返しになりますが独身、車や自転車を持っていない人はこれらの保険に入る必要はありません。

国民健康保険で十分すぎます( ´∀` )。

 

保険は「損すること」に意味がある

保険はトクにつながらないです。

そして、トクにつなげてもいけないです。

(当事者が不幸にならないといけませんから)

 

保険の類は人生を狂わせるレベルの出費を肩代わりしてくれる機能しかないからです。

何かしらをやらかし、人様に重篤な損害を与えた時の損害賠償で数千万円とかザラです。

 

それ以上のメリットを期待してはいけません。

保険で積み立て貯金する人もいますが、個人的におススメしません。

 

積み立てるなら株式がおススメです。

S&P500のインデックスファンド全世界株式インデックスファンドにしましょう。

 

通信費

 

大手キャリアが悪いというわけではないです。

ここで言いたいのは格安スマホや格安SIMといったものを選択肢に入れませんか?ということです。

 

目安はスマホ3000円未満、wifiが4000円くらいです。

スマホの通信費だけで1万円もかかっていたら、間違いなく払い過ぎです。

スッと取り組めて、永続的な効果が期待できるのが通信費節約です。

 

【実体験】固定費削減後は「努力しなくても」お金が余る

 

これは経験談です。

過去にオンボロ物件に住んでみてわかったことになります。

 

【楽しい貧乏生活】ボロアパート住まいで身についたこと5つ

 

変な話ですが、学生時代に「あんなボロイ家に住んでるのに何でそんなに貯金あるの?」って言われたことがあります。

家賃が低いからね~」と言いましたが、相手は「???」状態だったのを覚えています。

住めば都、慣れてしまえば貯金は楽勝でした。

 

これに関しては、実際に体験しないとわからないことなのかもしれません。



会社員の住宅コスト軽減は中古一軒家購入?

 

この経験以降、冒頭の通り住宅のコストをできる限り下げることを最優先していく事を心がけています。

そして、住宅コストを効果的に削る最適解は中古一軒家を購入することかもしれません。

 

ちょっとしたシミュレーションをしましょう。

 

賃貸と持ち家の年間コストの違いを並べてみると、

 

  • 家賃・・・5万円(仮)×12か月
  • 住宅・・・固定資産税(年間数万円)

 

となりますので、一年通じてのコストが全然違います。

なのでどこかのタイミングで中古一軒家を買うのも一案です。

目安は400万円~600万円くらい。

 

中古である以上、不具合とお付き合いすることになります。

全部外注するとお金がかかりすぎるので、DIYをYouTubeで学びましょう。

書籍はこれで十分。

この考えが生まれて以降、ネットサーフィンはもっぱら中古物件です。

今のうちに相場観を身に付けておきましょう。

住宅価格が安くなったタイミングがわかりませんからね( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事4選

1

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 ミニマリスト習慣を10年以上取り入れている会社員です。 貯金額1000万円を達成し、現在も毎月収支は大幅黒字です。   年収が ...

2

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 節約生活を11年以上継続している会社員です。 貯金生活を継続する最重要ファクターを、ストレス対処だと位置づけています。   本 ...

3

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金1000万円を4年半で達成し、投資によって金銭的悩みを徐々に消している会社員です。   私は現在31歳ですが、20代だった ...

4

Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金が得意で4年半で1000万円貯金した会社員です。   貯金するためには支出を減らすことが重要です。 当ブログで想定している ...

-固定費削減

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.