年収300万円台。4年半で1000万円貯金した私が発信する「20代の会社員が100万円貯金するための基礎」はコチラ

Yoshiakiブログ

貯金について

20代会社員は貯金がいくらあれば安心かを説明します

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

貯金が得意な会社員で、会社員生活4年半で1000万円貯金しました。

 

本記事は「貯金がいくらあれば安心なのかが知りたい」って疑問にお答えします。

貯金が1000万円しましたが、これは安心できる額ではありませんでした。

自分なりに計算して、人生でかかるコストを見積もっていたからです。

 

人生でかかるお金をざっくりと把握したい人そこまで派手な生活をするつもりはない人はぜひご覧になってください。

では、まいりましょう。



20代会社員は貯金がいくらあれば安心かを説明します

 

結論:不安を軽くするには計算して眺めるしかない

 

現状をしっかり確かめないと、安心なラインがわからないからです。

なので計算例を示します。

 

【20代会社員は貯金がいくらあれば安心か?】計算例を紹介

 

まず、20代の会社員とはいえ、状況は人それぞれです。

 

  • 就いている職業
  • いつまで働くか
  • 独身か
  • 結婚しているか
  • 子供はいるか

 

は人によって違うからです。

 

なので、富山県在住・夫婦2人暮らしで年収300万円台の30代エンジニアの計算例を紹介します。

 

  • 年間どのくらいの金額で生きられるのか
  • 住居コスト問題
  • 老後2000万円問題(働かなくなった後問題)

 

の順番で説明します。



年間どのくらいの金額で生きられるのか

まず、1カ月の出費は65000円と設定しています。

無論、その月によって上下しますが80万円くらいで1年間過ごせることになります。

 

詳細は過去記事で

 

一番対処しないといけないのは住宅コストです。

しかし、現状の出費額は会社の家賃補助のおかげなので、補助が切れた時のことも考えないといけません。

住宅コストは、ぜひクリアしておきたい人生問題です。

 

住居コスト問題

先日こんなツイートをしました。

 

 

600万円は中古住宅を買うために使い、毎月の家賃→年に一度の固定資産税へ移行しようと思います。

(もちろん、DIYやリフォームの知見は必須と考えます)

人口の減少に伴い、家余りが顕在化するのは確定的だからです。

築20~30年くらいの住宅は今より値下がりするでしょうから、より安く住める家を仕入れます。

 

年間数万円の固定資産税を支払う体制になれば、家賃の問題は無事にクリアです。

 

老後2000万円問題(働かなくなった後問題)

老後2000万円問題って言葉はありますが、この問題の根本は「働かなくなった後にお金がちゃんとあるかどうか」ってことです。

つまり、無収入でも大丈夫な状況を作るかが重要です。

その目安が年金(毎月6万円以上)+2000万円というわけです。

 

クリアするためには以下の戦略が考えられます。

 

  1. 息子・娘に養ってもらう
  2. 株式の配当金
  3. 不動産で家賃収入
  4. 健康体を保ち働き続ける
  5. 圧倒的な貯金を切り崩す



ここでおススメしたいのは2番目の株式の配当金です。

理由は投資戦略の最適解が決まっているからです。

 

  • S&P500に積み立て投資
  • SPYDに積み立て投資
  • VTIに積み立て投資 

 

のどれかを選んで続ければ、4~7%のリターンが期待できます。

(なぜこの3つなのかはここでは深めません)

言い換えると、2000万円積み立てれば年間80万円~140万円3000万円積み立てれば年間120万円~210万円が期待できます。

これで年金+配当金が望めます。

 

この見立てだと、60歳あたりまでに2000万円~3000万円程度積み立てられれば良い計算になり、毎月いくら積み立てれば良いかわかります。

参考までに22歳の人が60歳までに3000万円の資産を築こうと思ったら毎月65000円積み立てれば良い計算になります。

つみたてNISAやNISA口座で節税すれば、もっと楽にできるでしょう。

 

ここまでをまとめると、

 

  • 持ち家体制になり、100万円あれば1年間は過ごせる
  • 2000万円~3000万円くらい資産があれば配当金だけで理論上は暮らしていける

 

となります。

参考になれば幸いです。

 

計算した額を見て、生活を改めることで安心できる貯金額を下げられる

 

計算した結果を眺めてみると、課題が見えてきます。

 

  • 家賃が高い
  • スマホ料金かかりすぎ
  • 民間保険にお金使いすぎ

 

がよくある3つです。

私を含めた節約・貯金に力を入れている発信者の出費額と比較しつつ、目指せる範囲で生活コストを落としていきましょう。

生活コストを落とした分だけ、安心できる貯金額も減っていきます

 

【注意点】生活レベルを上げ続けるなら、安心な貯金額は存在しない

 

  • 給料が上がったから良い車を買い替える
  • 昇進したから家賃の高い所へ引っ越す

 

といったお金の使い方をする人に「安心できる貯金額」は存在しません

収入の上昇に応じて出費額が増えるので、いつまで経っても貯金率が上がらないからです。

学生から社会人になると収入が一気に増え、気分が大きくなって散財しがちです。

 

意識しないと多くの人がやりがちな事ですので、貯金したい人は避けるべきです。

*ちなみに1度上がった生活水準を下げるのは大変だそうです

 

なので、1カ月に使う予定のお金をしっかりと決めることが重要です。

 

一ヶ月の生活費65000円の内訳【最適化された買わない生活】

 

【体験談】住む場所で安心できる貯金額は変わる

 

私の経験になりますが、東京と富山県だと家賃相場が違い過ぎます

富山県だと月5万円で夫婦2人暮らし可能な物件が山ほどあります。

一方、東京だと月5万円だとワンルームくらいしか住めません。

 

住宅コストは安心できる貯金額と大変関係が深いので、引っ越すor中古物件を仕入れることで解決できる可能性があります。



まとめ

年間の生活コストを100万円以下なら資産額は2000万円~3000万円で賄える(かも)

 

【貯金が楽しくないのは普通】貯金と楽しい生活を両立するコツを解説

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事4選

1

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 20代で固定費削減を頑張ったおかげで29歳の秋ごろに貯金額が1000万円になった会社員です。   20代のう ...

2

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 私は湯シャン歴11年の現役会社員です。 国立大学大学院卒の探求心を活かし、私の湯シャンは11年の歳月を経て最適化された ...

3

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金1000万円を4年半で達成し、投資によって金銭的悩みを徐々に消している会社員です。   私は現在31歳で ...

4

スポンサーリンク Yoshiaki こんにちは。私はYoshiakiと申します。 貯金が得意で4年半で1000万円貯金した会社員です。   貯金するためには支出を減らすことが重要です。 当ブ ...

-貯金について

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.