年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

ダウンシフト

独身セミリタイア希望者の持ち家戦略を解説

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

独身のセミリタイア希望者の「家を持つべきか否か」について相談され、ガチ調査した会社員です。

(持ち家に関してのコスト問題は、私も無関係ではありませんからね( ´∀` ))

 

本記事は「いずれ会社員を卒業してセミリタイアしたいけど、家賃がネックなんだよな~。家を持ったら解決できるかな~?」って悩む若手会社員のガチ相談に乗った内容になります(ちなみに私はリタイアの予定はありません)。

 

結論を言うと、地方の中古平屋一軒家を購入 + 塀をDIYになります。

家賃を毎月数万円支払うのはセミリタイア者にとってハイパー痛手です。

セミリタイア勢は、基本的に収入が下がる生活を選択する人が多い印象ですので、毎月の固定費は少ないに越したことはないです。

なので家を持って家賃をカットすることは大変効果的です。

そのため、年間数万円の固定資産税、毎月数千円の火災保険を支払う形にした方がセミリタイア向けという理屈です。

以下、独身セミリタイアを希望する人向けの持ち家戦略を詳しく説明します。

 

では、まいりましょう。

 

独身セミリタイア希望者の持ち家戦略を解説

先ほどの結論を確認しましょう。

 

地方の中古平屋一軒家を購入 + 塀をDIY

 

結論を簡単に説明すると、維持費が安く済む平屋一軒家を購入し、平屋のデメリットをDIYで攻略する考えです。

以下、結論の説明になります。

 

まずは一軒家の購入資金として1000万円ほど貯金しましょう。

(ローン組んで買ってもいいかもしれませんが、精神衛生上貯金してからの一括購入を個人的におススメします。もちろん住宅課価値はまちまちで、1000万円も必要ないかもしれませんし足りないかもしれません。)

買わない生活を送り、固定費を下げ、本業+残業(副業)を頑張ると4~5年でかなり貯まりますので、とにかく数年で貯めこめるだけ貯めこみましょう。

 

 

なぜ平屋なのか

平屋の家をチョイスすべき理由は以下の4つです。

 

  1. 外壁塗装の外注費用が安い
  2. リフォーム代が安い(2階が無いから)
  3. プライバシー問題は塀のDIYで解決可能
  4. 生活しやすい

 

これら4点をざっくり説明すると、家を安く維持できることです。

2階建ての物件と比較すると、平屋のメンテナンス代はバカ安です。

2階が無いので、工事現場で見かける足場を組む必要がないので外注費用も基本的に安いです。

(塗装業者さん曰く、「2階建ての外壁塗装」が一番ラクで儲かるらしいです)

雨漏り、シロアリ対策のリフォームはかかって数十万円レベルですし、家を取得した後の貯金ハードルが低いのが平屋のメリットです。

(無論、大災害が来たら一発で倒壊するリスクもありますが)

 

また、平屋は全部の部屋がひとつながりです。

そのため、掃除・洗濯・料理・食事などを全部1階で完結できますので生活動線を整えやすいです。

2階建て物件に比べると、家に関する面倒事は半分程度です。

 

*本記事は独身向けですが、もし夫婦で平屋を検討している人はよく話し合いましょう。家のチョイスで大喧嘩して離婚した知り合いを知っているので・・・。

 

ここまでメリットばかり話しましたが、平屋にはデメリットもあります。

押さえておくべきデメリットは

 

  1. 何部屋もある広い家なら固定資産税も上がる
  2. 道路から生活が丸見え

 

1番は必要以上に広い住宅を選ばなければいいだけです。

2つ目に関しては要対策です。

以下の章で解説します。

 

塀のDIYをする前に確認すべきこと

最低でも、以下の2つは確認しましょう。

 

  • 隣人の許可
  • 塀の高さの上限規則

 

住宅のある地域のルールをしっかり確認しましょう。

市役所に行けば教えてもらえます( ´∀` )。

自分の敷地内であっても、弊を作るには隣人の許可・了解を得る必要のある地域もあります。

(仮にそのようなルールが無くても、隣人には周知したほうが良いご近所付き合いができます)

 

ネットで軽~く調べた限り、塀の高さには上限があるそうです(2m以下)。

外注業者さんや市役所の職員さんに連絡を取り、地域の決まりや塀に関する法律は確認しておいた方が良いです。

塀を作った後でルール違反が発覚したら、撤去しないといけませんし、下手すれば罰金でしょう。

事前調査は必ずしましょうね( ´∀` )。

 

【要注意】持ち家になったらすべきことは増えます

賃貸物件に比べ、持ち家には責任が伴います。

これは実家の父を見ていたら凄いわかります。

パッと思いつく限り、こんなにあります。

 

  • ご近所付き合い
  • 家の簡単な修理スキル
  • 家の掃除・家財管理

 

どれも大変そうですよね( ´∀` )。

賃貸物件は家賃を払えば基本的に責任を負う必要は無いです(程度によりますが)。

近隣トラブルがあったら引っ越したりできますし、最悪ゴミ屋敷にしちゃってもクリーニング代を出しさえすれば面倒事は大家さんがやってくれますからね( ´∀` )。

持ち家になったら家で発生したことは自分で処理しないといけないので、できることを増やしていかないといけません。

 

掃除・洗濯・自炊スキルはもちろん、DIYスキル(簡単な壁紙の張替え程度)はできたほうが圧倒的にお金がかからずに維持できると思います。

セミリタイアし、限られた収入・資産で暮らすには、家を手に入れた後はなるべく外注しないで済ませることを目指しましょう。

今家を買う予定が無い人でも、「家を維持するためのスキル」は勉強しておいて損はないですよ( ´∀` )。

 

基本的に図書館で知識を得ますが、この本は例外です👇。

独身会社員のセミリタイアは、お気楽無頼ってわけにはいかなさそうですね( ´∀` )。

地道に勉強し、スキルを得て、そのスキルを駆使して家を守っていかないとダメそうです。

面倒と責任は発生しますが、その反面楽しそうなので、楽しさを見出せる人は中古一軒家を買ってみても良いのではないでしょうか( ´∀` )。

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

 

  • 「地方の中古平屋一軒家 + 塀をDIY」なら安く家を維持できる
  • 持ち家は責任が発生し、やる事・身に付けるべきスキルも増える

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-ダウンシフト

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.