健康

【自分で治せた】治療家迫田先生のおかげでO脚の原因がわかった話

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

20歳くらいからО脚が気になり始め「立ち姿がイケてないな~」って感じで、何となくモヤモヤしながら生きてきました。

30歳を過ぎて、いよいよ身体のあちこちに痛みが出てきて これはマズいと思い、2021年12月に本気でО脚解消に乗り出しました。

そんな時、YouTuberとしても活躍されている治療家迫田先生の発信をみて、自分の身体で実践した結果、О脚が改善できました。

👆より真っ直ぐ立てるようになり、右足も真っすぐになりました

 

本記事は「自分はО脚なんだけど、原因って何だろう??見た目も悪いし何とかしたいな・・・」ってお悩みの方に向けた、ひとつのО脚解消体験談です。

私はО脚に何年も悩みましたが、まさかYouTubeで解決策が見つかるとは思いませんでした。

(時代は変わったものです)

本記事で紹介する動画のおかげでなんでО脚に至るのかどんなストレッチが有効なのかどんなトレーニングが有効なのかを知ることができました。

なので、キツくて苦しくてもО脚解消まで続けられました。

その経緯をお話ししつつ、実際に効いた動画やってみた感想О脚が治った後に起こったことについてお話しします。

では、まいりましょう。

 

【自分で治せた】治療家迫田先生のおかげでO脚の原因がわかった話

以下、実際にО脚が治ったからこそ言えることになります。

原因:筋肉が凝り固まっていた

なので、適切なストレッチを凝り固まった筋肉に施していき、トレーニングも適宜行うことが解決策になります。

凝りを毎日ほぐし続けると、少しずつですが楽になっていきました。

トレーニングは初日は全然こなせませんでしたが、徐々に形になっていきました。

そうして徐々にО脚が治っていったので、ストレッチ&トレーニングは毎日集中して継続する必要があります。

 

次の章で実際にО脚に効いた動画を紹介します。

 

【やった感想あり】実際にО脚に効いた動画はこれです

👆迫田先生です。

 

この動画はО脚にほぼ確実に効くと思います。

以下、実際にやってみた感想を申し上げます。

私は身体の右側が硬い(つまりО脚が激しい)感じでしたので、本動画のストレッチ&トレーニングは非常に過酷でした。

 

左側に比べ右側の方が圧倒的にキツかったので、大きな伸びしろを感じました。

それでも日を追うごとに右側の曲がりが取れていき、徐々にО脚が改善されていきました。

これらの感想は、実際に本動画の内容をやってみないとわからなかったことです。

もしやらなかったら、いつまでも身体の歪みの重大さに気が付かなかったでしょう。

(実際に、身体のどこかが痛んだりしないと「自分の身体がマズい!」と感じないものです)

 

また、本動画の内容が軽々こなせる人はО脚じゃないと思います。

今後も脚が真っすぐな状態を維持するためにも、定期的に取り組んでいきたいトレーニングと考えます。

 

【体験談】О脚が治ったら良いことが起きました

О脚が治ったら、色々と良いことがありましたので列挙いたします。

  1. 首の右側・右肩の凝りが取れた
  2. 顔が左右対称になった
  3. 滑舌が良くなった
  4. 歩くのが楽になった
  5. 整体代がかからなくなった

ひとつずつ深めていきましょう。

 

首の右側・右肩の凝りが取れた

私は何かと左側に偏っています。

握力は左手の方が強いですし、左目の方が視力は良いですし、サッカーでも利き足は左です。

 

逆に、首や肩こり、手首の痛みは全部右側でした。

何らかの偏りがあったのは確かです。

(この偏りがあったおかげで、「何とかしないとヤバイ!」と思って情報収集を始めました)

О脚を治したことで、右側の不調はほとんどなくなりました。

О脚解消はひとつの解決案にすぎないです。

人によっては肩甲骨周りが歪んでたりするのでしょうが、私の場合はО脚が歪みの主たる原因だったようです。

そんなこんなでО脚を解消して以降、快適に仕事や散歩を楽しんでます。

(身体の歪みが原因の痛みは、マジで気分良くないです)

 

顔が左右対称になった

これまでの私は顔が歪んでいたせいか、左の眉毛しか動かせませんでした。

(過去の私の顔の歪みを確認したい人は、私のYouTube動画をご覧ください。下にも動画をあげていますが、結構歪んでますよ(笑))

当時、右側は自分で制御できない状態でしたが、О脚を治したことで顔の右側も制御できるようになりました。

 

これは私の実感ですが、足の歪みのせいで全身の筋肉が偏って張ってしまうことってあるのかもしれません。

脚から腰、腰から肩回り、肩回りから首、首から顔回りと言った具合に筋肉が偏って張っていたのかなと推測します。

О脚が解消されて顔の歪みが取れた以上、原因は足元だったのかもしれません。

今後も自分なりに足元には気を配っていきたいと思います( ´∀` )。

 

滑舌が良くなった

先ほどの章と関連するのかもしれませんが、滑舌は数段良くなりました。

(2017年から歯列矯正していたことも関係しているかと思います)

О脚改善に乗り出したのは2021年の12月ですので、滑舌が良くなったのは歯列矯正にプラスした効果と認識しています。

 

最近のYouTube動画と昔のYouTube動画を見比べてみると、滑舌の差は歴然です。

ぜひ口元に注目してみてくださいね( ´∀` )。

(滑舌が悪いと、カット編集が非常に面倒です。過去動画はカット編集や効果音、BGMなどで誤魔化していました。今は純粋なしゃべりで勝負したいと思っています。)

 

👇最近の私

👇昔の私

 

これは独り言ですが、話し言葉が流麗なアナウンサーさんに美女やイケメンが多いのは、シンプルに顔が左右対称で、滑舌に有利な状態だからじゃないか?なんて思っています。

そう考えると、アナウンサーさんが顔採用なのも納得できますね( ´∀` )。

以上、独り言でした。

 

歩くのが楽になった

これは読者の皆様も言葉だけで納得いただけると思います。

脚の歪みが取れたので、歩く際の身体のブレが無くなり、ロスが減った感覚です。

ロスが減ると効率よく歩けるようになり、歩くことが楽しくなってきます。

個人的な感想ですが、散歩を続けたい人は、まずはО脚を治すことに着手すべきなのかもしれません。

心地よいお散歩が待っていますからね( ´∀` )。

 

整体代がかからなくなった

整体にはそこまで頻度高く通っていたわけでもありませんが、歪んだ脚を何とかするために整体へ行くことも多々ありましたので、お金はかかっていました。

(そして、О脚は治りませんでした・・・。)

もちろん、整体に行くことで身体が好転することもあるので整体に費やすお金が無駄とは断言しませんが、ストレッチで足の歪みが治せればそれに越したことはないと思います。

自分の身体の歪みは、文字通り自分事ですので、身体の歪みは自分で調査してストレッチやトレーニングをやるべきです。

自分の身は自分で守りましょうね( ´∀` )。

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

  • 迫田先生の動画を見て実践しよう!
  • 苦しくても継続しましょう!
  • О脚解消後は良いことが待ってます!

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-健康

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.