Sponsored Link

ミニマリストのススメ

「モノを少なくする ⇒ ヒマ ⇒ 人生の幸せ」メカニズムを解説します

投稿日:2019年9月4日 更新日:


Yoshiaki
ミニマリストはモノが最小限です。

にも関わらず、お宝が手に入ります。

それは時間が出来ると言う事です。

私はヒマな時間が多いほど、幸せに近づけると思っています。

ヒマってそんなに良いの?と疑問に感じたら、ぜひ最後までご覧になってください。

まずは、ミニマリストになると時間が出来る理由についてお話しします。

 

ミニマリストになると時間ができる理由




結論から申し上げると、

  • 管理の手間が減る
  • 掃除が簡単になる

管理、掃除に取られる時間は、一回分がたとえ数分であっても、何日も積み重ねれば何時間分にもなります

これが数年単位で積み上がったら・・・想像したくないですね( ´∀` )。

 

私のケースだと、モノを減らしたことにより、掃除機で簡単に掃除が終わるようになったので20分くらい浮きました。

モノを減らしたことにより、買い替え、手入れ、処分にかかる時間は減りました

 

1日の中で、モノを気にかける時間すらほぼ無くなったので、圧倒的にヒマになりました

ヒマって言葉だけを切り取ってしまうとつまらないと感じてしまうものですが、捉え方によってはお宝です。

時間が出来たことについて、次の章で深めていきましょう。

 

時間ができた結果どうなったか?



好きなこと「だけ」出来る時間が大幅に増えました。

 

ヒマな時間は誰が何と言おうと、あなただけの自由な時間です。

何に使おうと自由です。

漫画を読んだり、絵を描いたり、勉強したり・・・「興味のおもむくままに」でいいのです。

 

その結果、私はお金に関する本を片っ端から読んでいくことになりました。

それこそ、「興味のおもむくままに」です。

1日数十分~1時間30分程度の読書でしたが、ほぼ毎日取り組んでいました。

好きなことでしたからね( ´∀` )。

ヒマを見つけてついついやってしまう事は、長続きするものです。

そして、やっている時間は幸せを感じるものですよ。

そんな時間が積み上がったらどうなるでしょうか?

気になる人は次の章へ行きましょう。

 

「個性」が育ちました




前述の通り、浮いた時間を興味のあること(お金に関すること)に投下していった結果いつも黒服で、お金に詳しい奴」の出来上がりです。

ちょっとした雑談でも、上述のマニアックな部分が出てしまうものです。

黒服の下りが気になる人は以下の記事をご覧ください。

私服の制服化の経緯を理詰めでお話しします【全身黒のミニマリスト】

 

そうなると「なんかあいつ、お金のことに詳しいぞ」と評判になります。

これは私の精神の支えになりました。

第三者から、自分の興味のあることを評価してもらえるようになったのですから。

 

そのような評判に学歴や職種は関係ないです。

興味のあることや好きなことで出っ張ることは人生の幸福につながると思います。

結果的に努力で得たスキルと同じなので、どこにでも通用しますよ。

 

読者の皆さんは浮いた時間で何をしますか?

その積み上げの結果、どんな面白い個性が育ったか話をすることができたら素晴らしいことですよね( ´∀` )。

 

今回のことをまとめると

モノを少なくする
モノに関わる時間が減る
ヒマになる、お金が余る
好きなことに投下する時間が増える
好きなことが個性になる
個性が目立ち、評価される
好きなことに取り組む時間が増える
幸せな人生

こんな感じで階段式に人生が好転することでしょう。

スタート地点はモノを少なくすることです。

今日から実践して、お宝を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.