エンジニア

テキストはここをマーク!IOTシステム技術検定(中級)の勉強法

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiです。

電気設計エンジニアで、日々機械制御をしています。

実務がIOTと関係があることに加え、職場が「IOTシステム技術検定(中級)を取ったら結構な額の報奨金をくれる」と聞き、受験してみました。

(我ながら意地汚いですねww)

2週間ほど勉強し、無事に合格したので冷蔵庫買い替え資金を手に入れました(笑)。

 

本記事は

忙しいけど、IOTシステム技術検定(中級)に合格したい

過去問が売ってないから、どこを重点的に勉強したらいいかわからない

IOT人財であることを会社にアピールしたい

そんな声にお答えします。

 

手っ取り早く受かりたい人は是非目を通してくださいね( ´∀` )。

結論、IOTシステム技術検定(中級)は重点ポイントが決まっていて、そこを覚えたら合格できます。

確かに実務者目線でも「うん。やっぱりこれは重点ポイントだよな~」と納得できる部分が多く、今後も重点ポイントの傾向は変わらないと予想します。

(おそらく、第一回試験から重点ポイントはほぼ変わっていないです。)

 

以下、↓こちらのテキスト(受験生お馴染みの本です)のどこにマークすればよいかを説明します。

重点ポイントをしっかりテキストに書き込んで、ぜひ合格を勝ち取ってください<(_ _)>。

では、まいりましょう。

 

テキストはここをマーク!IOTシステム技術検定(中級)の勉強法

以下、IOTシステム技術検定(中級)のテキストの第三版にマークすべきポイントを書きます。

ページ数、重要単語を確認しつつテキストに追記してくださいね( ´∀` )。

合格はすぐそこです( ´∀` )。

 

p4:標準化 オープンイノベーション

p7:IoTシステムの基本構成(IoTデバイス、IoTサーバ、クラウドの接続形態を説明できるように)

p13:アジャイル開発(ウォーターフォール開発との比較)

p20:IoTシステム構成(インフラストラクチャ領域、フィールド領域)

p26:OSGi(Javaベースのソフトウェアコンポーネント)

p27:6LoWPAN、CoAP

p29:PaaS、BaaS

p30:パブリッククラウド、プライベートクラウド

p37:FPGA

p41:デジタルツイン

p42~43:IoTサービスプラットフォーム(垂直統合型、水平連携型)

p45~49:逐次収集方式、ポーリング方式、直接制御方式、ロングポーリング、双方向通信方式、ウエイクアップ方式)

P57、p59~61:NoSQL

p62~63:Hadoop、MapReduce、HDFS

p64~66:ストリーミング処理、CEP(複合イベント処理)

p74:回帰分析

p75:決定木分析

p76:主成分分析

p77:クラスター分析

p78教師あり学習

p81:強化学習

p82:深層学習

p84:畳み込みニューラルネットワーク(CNN)

p85:再帰型ニューラルネットワーク(RNN)

p86:DQN

p87:過学習

p97:深層学習ライブラリ表3-4-3(TensorFlow、PyTorch)

p119:周波数が高いほど、直進性が強い。「電波は距離の2乗に比例して減衰する」は頭に入れておく。

p121:免許不要の無線局(微弱無線局は免許不要)

p123:通信距離(Bluetoothは~10m、無線LANは~100m、RFID/NFCは~数m)

p132:隠れ端末(RTS、CTS)、晒し端末

p145~147:無線通信回線でメジャーなのは暗記(3G、LTE、NB-IoT)

p151公衆網と閉域網

p152~p157:5G動向(最近重要度上がってきた印象です)

p160:CoAP

p161~162:MQTT

p163:WebSocket

p166~176:ネットワークで伝送されるデータ量

P178:接続分散

p180:ネットワーク区間における遅延(小データをまとめて転送する 等の工夫)

p184:組み込み型、独立型

p190:センサに利用される代表的物理効果

p192~193:センサ特性、サーミスタ温度計の電気特性

P194:光センサの仕組み

p198:ひずみセンサ

p199:圧力センサ

p200:加速度センサ

p201:ジャイロセンサ

p202:GPSの仕組み

p203:超音波センサ

p207~208:バイオセンサ(酵素センサ、免疫センサ、DNAセンサ)

p210:DCモータの特徴

p214:センサの構成

p219:エナジーハーベスティングの考え方(低消費電力化)

p220:エナジーハーベスティングデバイスの種類

p221:画像センサの原理

p226~227:MEMS(製造方法はマイクロマシニング、半導体(LSI)との違いは機械構造体があるかどうか)

p232:プロトタイピング開発の目的・効果

p233:プロトタイピング開発の目的の明確化

p237:CSV、XML、JSON

p244:入力部・出力部の接続方法

p246:ワイヤレス通信機器を使う上でのポイント

p267:デバイス・サイドの主な開発環境と開発言語

p268:サーバ(クラウドサービス)・サイドの主な開発環境と開発言語

p274:センサ地の精度、誤差、誤動作(対応策としてどんな処理をするか押さえておく)

p285:セーフティとセキュリティの範囲

p286~287:気密性・完全性・可用性

p288:ゼロトラスト

p289:パスワードクラック

p292:マルウェア(p301のマルウェア対策も合わせて)

p294~295:認証方法(パスワード認証、ICチップ認証、生体認証)

p295:共通鍵と公開鍵

p297:デジタル署名

p299~301:IoTシステムのセキュリティ対策(耐タンパー性、セキュアブート、ファイアウォール、侵入検知システム・侵入防御システム、VPN、マルウェア対策)

p302:セキュリティ・バイ・デザイン

p305:情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS、マネジメントセキュリティ規格はISO/IEC27001)

p307:クラウドサービス向けセキュリティ標準(JIPDECではアドオン認証)、産業用オートメーションおよび制御システム向けセキュリティ標準

p317:電源供給のリスク・断たれた時の対策

p320:IoTの契約形態(サブスクリプション、レベニューシェア、フリーミアム)

p322:匿名加工情報とは、匿名化技術

p325:CCライセンス

 

【参考にしてね】CBTはこんな感じでした

箇条書きで記載します。

  • 身分証さえあれば受験可能
  • メモ用紙1枚、ボールペンは貸してもらえる
  • 試験開始前、開始後は身分証や持ち物、服装の厳重なチェックあり
  • PCがたくさんある部屋へタコ詰め(平日午前中に受けたほうが空いていて快適らしい)
  • 運が良ければ防音ヘッドホンがあるかもしれない(私はありました)

 

【予想】たぶん、IOTシステム技術検定(中級)保有者は優遇されます

こう思う理由は

  • 職場のIOT化は進まない場合
    ⇒IOT化を推進する役割が割り当てられる可能性がある
  • 職場のIOT化が進んでいく場合
    ⇒実務者、保全者、PJ推進者として仕事をする可能性がある

ことが考えられるためです。

 

つまり、IOT化が進もうが進むまいが、需要のある人材な事に変わりないからです。

相当な問題児でない限り、リストラ対象にもなりにくいと思います。

(少子高齢化の日本で、IOT化に役立ちそうな人材をクビにするのは不自然です)

 

私の知り合いで、最近肩たたきにあった人がいて、その人は

会社はIT化をどんどん推し進めて進化していくけど、貴方はついていけますか?あるいは貴方は進化を推進できますか?

と詰められ、結果的に退職してしまったそうです。

 

その人が

「あ~Yoshiaki君が言っている資格があれば、俺は助かったかもなぁ・・・」

と悔しがっていました。

 

彼と同年代でも、IT系の資格持ちはリストラ候補にすら上がらなかったと考えると、この手の資格は今後も強そうです。

ここまで読んでいただいた読者様も、ぜひテキストを買って重要ポイントをチェックしましょう。

一回取っちゃえば更新は不要なので、サクッと取って「IOT人材」になっちゃいましょう!!

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-エンジニア

Copyright© Yoshiakiブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.