エンジニア

PLCは時代遅れでもオワコンでもない理由を現役エンジニアが語る

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

とあるメーカーでエンジニアをしています(今回触れるPLC以外にも、C#、Pythonなども扱えます)。

 

本記事は

ここ15年くらいでプログラミングスキルが流行り出して、メーカーでもC言語やPython経験者が優遇されるようになってきたけど、PLCって時代遅れなのか?

最近AIとかデータサイエンスとかよく聞くし、色んなプログラミング言語とかも出てきたけど、昔からあるPLCってオワコンなのかな??

って声に、メーカー勤務のエンジニア目線で私見を申し上げます。

結論を言うと、他のプログラミング言語と同様に、PLCも全然将来性はあると思っています。

(正確に言うと、不要になる未来が予測しにくいです)

最近の副業ブームプログラミングブームと絡めつつ解説していきますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね<(_ _)>。

 

では、まいりましょう。

 

PLCは時代遅れでもオワコンでもない理由を現役エンジニアが語る

繰り返しになりますが、PLCは時代遅れでもオワコンでもないと思っています。

理由は以下の3つです。

  1. 会社(特にメーカー)に貢献しやすい
  2. 仕事のやりがいが得やすい
  3. 転職に有利

ひとつずつ深めていきましょう。

 

会社(特にメーカー)に貢献しやすい

メーカーは当然、商品を製造する機械を擁しています。

そして、機械を便利に制御してくれるのがPLCです。

毎年新商品をリリースする都合上、電装設計の業務も毎年必ず発生します。

*当記事ではそこまで深めませんが、PLCについて詳しい内容はIOTニュース記事をご覧になってください<(_ _)>。

 

そして、プログラミングスキルのある人材同様、PLCを扱える人も不足しています。

(通常、機械を設計する係電装設計をする係で分かれて開発案件は進んでいきます)

なので、よほどの実力者揃いの職場でない限り、メーカーでは重用される人材と思います。

機械として、目に見えやすい成果も出しやすいので、出世も十分に可能でしょう。

(仮に現在の職場で実力者に弾かれちゃったエンジニアでも、別の会社に行ったらエース級に扱われるってザラにあり得ます)

会社の開発案件に貢献できることは間違いないので、PLCは決して時代遅れでもオワコンでも無いと思います。

 

仕事のやりがいが得やすい

PLCを使った仕事はいわゆる開発業務です。

(もっと厳密に言うと、電装系の設計開発業務です)

ものを1から作ったりするのが好きな人にとっては楽しい時間になるでしょう( ´∀` )。

会社には新しい仕組みがもたらされ、自分にとっては楽しい時間になるのでシンプルにやりがいが生まれます。

 

会社員はつまらない、オワコン、やりがいなんて無い、やりがい搾取って声もありますが、正直職業と特性によるかと思います。

結局、向いている職種に就いていて特性があれば一番幸福なんでしょうね( ´∀` )。

PLCは比較的息の長い技術であり、ナウな感じはしませんが、やりがいは十分にありますよ( ´∀` )。

(無論、PLCや電気機器などのアップデートは毎年のようにありますが。)

 

転職に有利

PLCスキルはつぶしが効きます。

大量に商品を作らないといけないメーカー(要するに利益が大量に出る大企業)のマシンはPLC制御が当たり前ですからです。

(そして、エンジニアの数も足りてないことが多いそうです)

PLCはメーカーの既製品ですので、特定メーカーのPLCを使っている会社は山のようにあります。

(某Oムロン、某M菱電気などのPLCが有名ですね)

メーカーが毎年新商品をリリースするためには、製造するための機械が必要です。

(機械パーツのアップデートで、部品交換業務もしばしば発生しますが( ´∀` ))

 

つまり、電装設計業務は大なり小なり、毎年必ず発生します。

なので、PLC使って仕事できます!ってことは他社でも通用する&毎年必要になるスキルセットを備えていると同義です。

これは転職市場で言うところのスキル持ち&転職キャリアアップ可能な人材ということです。

(転職サイトを拝見する限り、PLCが扱えるエンジニアは転職市場で低い給料がオファーされているケースが少ない印象があります)

個人的な見解ではありますが、縦横無尽な転職を可能にするくらいの力がPLCスキル(もといプログラミングスキル)にはあると思います。

 

👇転職する、しないに関わらず読んでおきたいmoto氏の良書です。私は図書館でこれを読んで、電装設計業務の自己研鑽のモチベーションを上げてます。

これら3つがPLCは時代遅れでもオワコンでもない理由になります。

しかし、多くの人(特に若い人)はPLCは時代遅れと考えているようです。

この事実は事実として認識しないといけません。

ここでPLCがなんで時代遅れって言われちゃうのかをエンジニア目線で考えてみました。

 

PLCが時代遅れと思われてしまう理由2つ

PLC業務もプログラミング業務のひとつにも関わらず、なぜ時代遅れと言われてしまうか考えてみました。

昨今のプログラミングブームのイケてるポイントと比較してみると、2点ほど気づく点がありました。

  1. PLC業務はプログラミング系業務なのに副業がしにくい
  2. PLC業務はリモートワークがしにくい

ひとつずつ深めていきましょう。

 

PLC業務はプログラミング系業務なのに副業がしにくい

流行りのフリーランスエンジニアとしても、副業としても世間にプログラミング業務は溢れています。

会社や個人のニーズに対して人材が余裕で足りていないのが現状です。

つまり、フリーランスエンジニアとして案件を受注できれば、会社員としてでは考えられないくらいの高い単価で業務を受け持つことができます。

 

また、個人で業務をこなすだけでも月収100万円は十分に可能みたいですが、月収数百万円を達成する方法もいくつかあります。

例)月収を数百万円にする方法

プログラミング業務を受け持つ会社を設立

⇒受け持った業務をフリーランスエンジニアに発注する

⇒マージンを抜く

⇒案件が大量にさばければ、月収数百万円♪

 

一方、PLCは会社の機械に対して行う仕事であることが大半です。

機械設計担当や製造現場の人とお話ししたり、機械とにらめっこしたり、機械を直接いじることもあるため、会社でしかできない業務が多いです。

パソコン1台で完結する仕事はほぼ皆無でしょう。見たことありません。

フリーランスエンジニアとして業務を受け持つことも不可能ではないようですが、WEB系やシステム系の案件より遥かに数は少ないです。

PLC系の業務は会社にどっぷりな場合がほとんどで、さらに副業案件数も少ないため、月収のブーストも難しいでしょう。

 

さらに年功序列制度終身雇用制度は維持できないだろうと予想し、副業に乗り出す会社員は増えています。

副業するためにスキルを身に付けたい人からしたら、PLCはナウな感じじゃないでしょうね( ´∀` )。

PLCの副業のしにくさは、副業がしたい会社員の皆様にとってはネックとなりうるでしょう。

 

PLC業務はリモートワークがしにくい

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、リモートワークができる会社や職業を選ぶ人が多くなりました。

そんな中、PLC業務とリモートワークの愛称は最悪です。

繰り返しになりますが、PLCは会社にどっぷりな業務が大半です。

そのため、完全リモートワークは大変難しいでしょう。

(PLCを組む業務だけならリモートワークは可能ですが、それではただのコーダーと一緒なので派遣社員さんを雇った方が合理的です。正社員じゃ難しい働き方です。)

 

こんな事情もありますので、リモートワークしかしたくない、リモートワークの可能性がある仕事がしたい人からしたら、PLCって時代遅れじゃね??って感じるのは何ら不自然じゃないですね( ´∀` )。

*私はリモートワークがあまり好きじゃないので別に気にしていないです

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

 

PLCは以下の理由でオワコンではないと考えます。

  1. (特にメーカーだと)毎年会社に貢献しやすい
  2. 動いている機械として成果が見えるので、仕事のやりがいが得やすい
  3. PLC使った電装設計ができると、転職に有利(かも)

 

一方、「PLCは時代遅れ」と言われてしまう理由は以下の2つが有力と考えます。

  1. プログラミング系業務なのに副業がしにくい
  2. リモートワークがしにくい

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-エンジニア

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.