エンジニア

PLCは時代遅れでもオワコンでもない理由を現役エンジニアが語る

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

とあるメーカーで電気設計エンジニアをしています(今回触れるPLC以外にも、C#、Pythonなども扱えます)。

 

本記事は

ここ15年くらいでプログラミングスキルが流行り出して、メーカーでもC言語やPython経験者が優遇されるようになってきたけど、PLCって時代遅れなのか?

最近AIとかデータサイエンスとかよく聞くし、色んなプログラミング言語とかも出てきたけど、昔からあるPLCってオワコンなのかな??

って声に、メーカー勤務の電気設計エンジニア目線で私見を申し上げます。

結論を言うと、他のプログラミング言語と同様に、PLCも全然将来性はあると思っています。

(正確に言うと、不要になる未来が予測しにくいです)

PLCの将来性に関して、最近の副業ブームプログラミングブームと絡めつつ解説していきますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね<(_ _)>。

 

では、まいりましょう。

 

PLCは時代遅れでもオワコンでもない理由を現役エンジニアが語る

繰り返しになりますが、PLCは時代遅れでもオワコンでもないと思っています。

理由は以下の3つです。

  1. 会社(特にメーカー)の開発案件に貢献しやすい
  2. 仕事のやりがいが得やすい
  3. 転職に有利

ひとつずつ深めていきましょう。

 

会社(特にメーカー)の開発案件に貢献しやすい

メーカーは当然、商品を製造する機械を持っています。

そして、機械を便利に制御するのに役立つのがPLCです。

例外を除き、メーカーは毎年新商品をリリースする都合上、それに伴い製造する機械のマイナーチェンジ(機械や電装設計の変更業務)も毎年必ず発生します。

なので、PLCを扱える人は「仕事なくてヒマ」になるとは考えにくいです。

*当記事ではそこまで深めませんが、PLCについて詳しい内容はIOTニュース記事をご覧になってください<(_ _)>。

 

そして、プログラミングスキルのある人材同様、PLCを扱える人も不足しています。

 

なので、よほどの実力者揃いの職場でない限り、メーカーでは重用される人材と思います。

PLCを扱える技術は、製造機械として反映されるので、評価もされやすく出世も十分に可能でしょう。

(仮に現在の職場で実力者に弾かれちゃったエンジニアでも、別の会社に行ったらエース級の待遇ってザラにあり得ます)

 

PLCを扱える以上、会社の開発案件に貢献できることは間違いないので、PLCは決して時代遅れでもオワコンでも無いと思います。

時間を使って、学んでみても全然良いと思います。

 

👇愛読書です。


仕事のやりがいが得やすい

PLCを使った仕事は、いわゆる開発業務です。

(もっと厳密に言うと、電装系の設計開発業務です)

ものを1から作ったりするのが好きな人にとっては、非常に楽しい時間になるでしょう( ´∀` )。

頑張ってPLC案件をこなした結果、会社には新しい仕組みがもたらされ、自分にとっては楽しい時間&キャリア形成になるのでシンプルにやりがいが生まれます。

 

会社員はつまらない、オワコン、やりがいなんて無い、やりがい搾取って声もありますが、正直職業と特性、賃金によるかと思います。

結局、向いている職種に就いていて特性があり、給料も納得ならば一番幸福なんでしょうね( ´∀` )。

ポジショントークですがPLCは比較的息の長い技術である一方、ナウな感じはしませんが、やりがいは十分にありますよ( ´∀` )。

(無論、PLCや電気機器などのアップデートは毎年のようにあり、勉強する必要はあります。)

 

転職に有利

PLCスキルはつぶしが効きます。

大量に商品を作らないといけないメーカー(要するに利益が大量に出る大企業)のマシンはPLC制御が当たり前だからです。

(そして、エンジニアの数も足りてないことが多いそうです)

PLCはメーカーの既製品ですので、特定メーカーのPLCを使っている会社は山のようにあります(某Oムロン、某M菱電気などのPLCが有名ですね)。

仮に、お勤めする会社が変わってもPLCを扱う技術はそのまま使えますので、転職に有利なスキルセットと言えるでしょう。

 

メーカーが毎年新商品をリリースするためには、製造するための機械をアップデートする必要があります。

(機械パーツのアップデートで、部品交換業務もしばしば発生しますが( ´∀` ))

つまり、電装設計業務は大なり小なり、毎年必ず発生します。

なので、PLC使って仕事できます!ってことは他社が欲しがるスキルセットを備えていると同義です。

これは転職市場で言うところのスキル持ち&転職キャリアアップ可能な人材ということです。

(転職サイトを拝見する限り、PLCが扱えるエンジニアは転職市場で低い給料がオファーされているケースが少ない印象があります。年収500万以上は余裕で狙えそうです。)

 

個人的な見解ではありますが、縦横無尽な転職を可能にするくらいの力がPLCスキル(もといプログラミングスキル)にはあると思います。

 

👇転職する、しないに関わらず読んでおきたいmoto氏の良書です。私は図書館でこれを読んで、電装設計業務の自己研鑽のモチベーションを上げてます。

 

これら3つがPLCは時代遅れでもオワコンでもない理由になります。

しかし、多くの人(特に若い人)はPLCは時代遅れと考えているようです。

私はPLCは時代遅れとは思っていませんが、よく聞くことですので、キチンと現実として認識しないといけません。

ここで、PLCがなんで時代遅れって言われちゃうのかを電気設計エンジニア目線で考えてみました。

 

PLCが時代遅れと思われてしまう理由2つ

PLC業務もプログラミング業務のひとつにも関わらず、なぜ時代遅れと言われてしまうか考えてみました。

昨今のプログラミングブームのイケてるポイントと比較してみると、2点ほど気づく点がありました。

  1. PLC業務はプログラミング系業務なのに副業がしにくい
  2. PLC業務はリモートワークがしにくい

ひとつずつ深めていきましょう。

 

PLC業務はプログラミング系業務なのに副業がしにくい

流行りのフリーランスエンジニアとしても、副業としても世間にプログラミング業務は溢れています。

会社や個人のニーズに対して人材が余裕で足りていないのが現状です。

つまり、フリーランスエンジニアとして案件を受注できれば、会社員としてでは考えられないくらいの高い単価で業務を受け持つことができます。

 

また、個人で業務をこなすだけでも月収100万円は十分に可能みたいですが、月収数百万円を達成する方法もいくつかあります。

例)月収を数百万円にする方法(Web系エンジニアを想定)

プログラミング業務を受け持つ会社を設立

⇒受け持った業務をフリーランスエンジニアに発注する

⇒5%くらいマージンを抜く

⇒案件が大量にさばければ、月収数百万円♪

と言った具合に儲けることができます。

 

一方、PLCは会社の機械に対して行う仕事であることが大半です。

機械設計担当や製造現場の人とお話ししたり、機械とにらめっこしたり、機械を直接いじることもあるため、会社でしかできない業務が多く、個人ではこなせないです。

個人が、パソコン1台で完結する仕事はほぼ皆無でしょう。

少なくとも私は見たことありません。

 

フリーランスエンジニアとして業務を受け持つことも不可能ではないようですが、WEB系やシステム系の案件より遥かに数は少なく、WEB系エンジニアよりも会社に拘束されるのは目に見えています

こんな感じで、PLC系の業務は会社にどっぷりな場合がほとんどで、さらに副業案件数も少ないため、月収のブーストアップも難しいでしょう。

(会社にどっぷりってことは、社内関係者さんから ご助力いただきながら案件を完遂させられるってことでもありますが。)

 

さらに年功序列制度終身雇用制度は維持できないだろうと予想し、副業に乗り出す会社員は増えています。

副業するために個人スキルを身に付けたい人からしたら、PLCはナウな感じじゃないでしょうね( ´∀` )。

PLCの副業のしにくさは、社外で副業がしたい会社員の皆様にとってはネックとなりうるでしょう。

 

PLC業務はリモートワークがしにくい

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、リモートワークができる会社や職業を選ぶ人が多くなりました。

そんな中、PLC業務とリモートワークの愛称は最悪です。

 

繰り返しになりますが、PLCは会社にどっぷりな業務が大半です。

そのため、完全リモートワークは大変難しいでしょう。

(PLCを組む業務だけならリモートワークは可能ですが、それではただのコーダーと一緒なので派遣社員さんを雇った方が合理的です。場合によっては会社の現場にすっ飛んでいかないといけない正社員じゃ、難しい働き方です。)

 

こんな事情もありますので、リモートワークしかしたくない、リモートワークの可能性がある仕事がしたい人からしたら、PLCって時代遅れじゃね??って感じるのは何ら不自然じゃないですね( ´∀` )。

*私はリモートワークがあまり好きじゃなく、出社が好きなので別に気にしていないです

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

 

PLCは以下の理由で時代遅れでもオワコンではないと考えます。

  1. (特にメーカーだと)毎年会社の開発案件に貢献しやすい
  2. 動いている機械として成果が反映されるので、評価されやすく出世も期待でき、仕事のやりがいも得やすい
  3. PLCが扱えるスキルはどの会社でも使える。なのでPLC使った電装設計ができると、転職に有利(かも)

 

一方、「PLCは時代遅れ」と言われてしまう理由は、以下の2つが有力と考えます。

  1. プログラミング系業務なのに副業がしにくい
    PLC案件は会社の機械に対して行う仕事であることが多いので、副業向きではない
  2. リモートワークがしにくい
    会社とどっぷりな業務ので、出社しないで仕事をすることが難しい

 

トータルで見たら、PLCって時代遅れでオワコンなんですかね??

結論は読者様にお任せします<(_ _)>。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-エンジニア

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.