年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

歯列矯正

貯金額100万円以下でも歯列矯正は可能です【現役患者が語る】

投稿日:2021年4月3日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

100万円貯金してから歯列矯正に取り組み始めた現役患者です。

その経験を活かし、1000万円貯金しました。

現在は貯金するためのノウハウを発信しています。

 

本記事は

 

  • 貯金額がいくらになったら歯列矯正ができるのか?
  • あまりお金が無いけど歯列矯正はしたい

 

そんなニーズにお応えします。

 

結論を先に言いますと、貯金しなくても歯列矯正する方法はあります。

歯医者さんに通ってから知ったこと、大学時代の知り合いのケースなども全てお話ししますのでじっくりと楽しんでくださいね( ´∀` )。

 

では、まいりましょう。



貯金額100万円以下でも歯列矯正は可能です【現役患者が語る】

貯金できる人は100万円~150万円ほど貯めてから歯医者さんへ相談しに行きましょう。

人によってかかる費用はまちまちですが、概ねこのくらい用意しておけば困ることはないでしょう。

 

以下、貯金しないで歯列矯正する方法になります。

会社員、大学生が選択できる(かつ私も見聞きしたことのある)行動を2つピックアップしました。

 

  • 【再現性高い】毎月収入がある会社員はデンタルローン
  • 【成功率1%以下】大学生なら奨学金を歯列矯正費にあて、成績で借金をチャラにする

 

ひとつずつ、動画を交えて説明します。

 

【再現性高い】毎月収入がある会社員はデンタルローン

YouTubeに動画をアップしています👇。

👆ちなみにFXする前には100万円以上持っていました。

 

貯金できる自信が無い会社員の人は一案かと思います。

金利も低いケースが多いのでおススメです。

働きながらでも歯列矯正を進めることが今風なのかもしれません。

 

私は歯医者さんに行くまでデンタルローンを知りませんでしたが、もし貯金が無かったら間違いなく利用していました。

会社員の武器でもある安定性は、こういうことに活かされるべきですね( ´∀` )。

なので、デンタルローンおススメです。

 

一方、学生さんや非正規労働者さんはデンタルローンは通りにくいようです。

毎月ローンを返済できるかどうか不明確な部分がありますから、仕方のないことかもしれません。

 



【成功率1%以下】大学生なら奨学金を歯列矯正費にあて、高成績で借金をチャラにする

YouTubeに動画をアップしています👇。

 

動画を全部見ていただいた人はわかると思いますが、これはレアケースです。

端的に言うと、勉強を頑張る道です。

難度は超ウルトラCですが、挑戦する価値はあります。

学生の本分は学業ですので、一生懸命頑張って悪いことは何もないです。

 

動画では触れませんでしたが、大学で学業を頑張っておくと良い意味で目立ちます。

勉強を頑張っている学生は大学から助けてもらいやすいです。

就職だったら、就職課のスタッフ経由で就職先の推薦をいただけることも期待できます。

 

特に理系は、真面目に勉強できる事は就職先へのアピールになります(大卒の技術職は勉強を続けて良いアウトプットを出し続けることが人的価値となります)。

 

【数万円を取り戻そう】歯列矯正が「治療」なら、確定申告で還付を受けられる

矯正治療始める時に、以下の文言が記載された領収証をもらいましょう。

備考欄に書いてあることは「この人はかみ合わせが悪いから、ここに書いてある費用は治療費です」って証明です。

 

 

これが一番重要です。

このような記載のある領収証がなければ医療費控除が受けられませんし、確定申告をして医療費を下げることもできません。

たかが紙一枚ですが、この紙を手に入れることが重要なのでちゃんと手に入れましょう。

 

その時にやる事は以下の通りです。

 

歯医者さんに「医療費控除」を申請したいと伝えること

 

これだけです。

 

歯医者さんなら医療費控除用の領収証を出したことはあるはずです。

なので、申し出たところで嫌な顔はされないはずなので安心して申し出ましょう。

あくまで、紙一枚分の手間をかけさせてしまう程度です。

 

確定申告の時期は2月中旬〜3月中旬

2月の中旬から3月中旬の間に確定申告をしましょう。

医療費控除を使って還付金を受け取れます。

 

医療費控除を使う条件:年間にかかった医療費が10万円を超えていること

 

人それぞれ経済状況は異なりますから、確定申告によっていくら受け取ることが出来るのかは明言しかねますが、歯列矯正が治療なら確実に医療費控除を受けることが出来ます

「治療として」の歯列矯正なら、年間10万円の壁は難なく突破しそうですね( ´∀` )。

 

ちなみに美容目的の矯正治療は医療費控除の対象じゃないです。

気をつけてくださいね( ´∀` )。

 

まとめ

実は貯金できなくても歯列矯正できる。デンタルローンが一番現実的。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

読んでくれた人の歯列矯正を妨げる要因がひとつ減れば嬉しいです。

 

とはいえ、貯金は大切です。

老後2000万円問題とか、年金問題とかありますからね。

貯金したい人は固定費削減から始めましょう。

一番楽で、一番効果的で、効果の持続力があるので、今後の人生が楽になりますよ( ´∀` )。

 

20代会社員が最初にやるべき「固定費削減+α」を解説

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-歯列矯正

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.