年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

節約術

銅製の排水ゴミ受けの効果を持続させる掃除方法【化学専攻が解説】

投稿日:2021年8月13日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

5年前に買った銅の排水ゴミ受けを使い続けている会社員です。

本記事で紹介する方法を実践し続け、本日もゴミ受けは能力を発揮しています。

 

銅の排水ゴミ受け買ってみたけど、2週間くらい経って効果がなくなった気がする・・・

効果が持続する方法が知りたいな

 

そんな声にお応えします。

 

最初に銅の排水ゴミ受けについてザっと確認しましょう。

 

  • 消臭効果
  • 防虫効果

 

みなさんが銅の排水ゴミ受けに期待する効果はこれら2つだと思います。

以下、これら2つの効果を半永久的に持続させる掃除方法をお伝えします。

(必要な物は600円くらいで揃います)

 

参考までに、本記事で紹介する方法でこうなります👇。

 

ビフォー

アフター

すこ~し、綺麗になりましたね( ´∀` )。

これで消臭・防虫効果も復活です。

 

では、まいりましょう。

 

銅製の排水ゴミ受けの効果を持続させる掃除方法

 

以下の手順を踏みます。

 

  1. ビニール袋をゴミ受けに被せ、シンクにセットする
  2. 水道水・クエン酸を投入
  3. 1時間放置
  4. 重曹を投入、泡立つのが終わるまで待つ
  5. ゴミ受けをブラシで磨く

 

ひとつずつ深めていきましょう。



ビニール袋をゴミ受けに被せ、シンクにセットする

これは次の手順につながる仕込みです。

ビニール袋に穴が開いていないことが重要なので、破かないように焦らずていねいに行いましょう。

 

被せます

シンクにセット

 

*この時、ビニール袋に穴が開いてないことを確認してください

 

水道水・クエン酸を投入

こんな感じにやりましょう。

 

👆ゴミ受けが浸るくらい水を入れます

👆クエン酸を入れます

 

 

水道水クエン酸を適量加えます。

量は適当で構いません。

目安として、水200mlにクエン酸の量は大さじ3杯分くらいあれば十分だと思います。

 

 

1時間放置

ゴミ受けをクエン酸に漬けたまま1時間放置しましょう。

ゴミ受けのゴミ・汚れを浮かせ、落としやすくするためです。

クエン酸水は遅効性なので、じっくりと働いてもらいましょうね( ´∀` )。



重曹を投入、泡立つのが終わるまで待つ

 

次に重曹を投入します。

その際、シュワシュワと泡立ちます。

 

 

泡立ちが収まるまで、しばらく眺めていましょう。

袋を破らないように、左右に袋を軽く振ってみても良いですね。

(個人的に好きな眺めです( ´∀` )。)

 

このシュワシュワのおかげで、ゴミ受け表面の汚れや変色部分がこすり落としやすくなります。

 

ゴミ受けをブラシで磨く

ブラシでこすりましょう。

結構、汚れが落ちてびっくりすると思います。

重曹・クエン酸は無害ですが、気になる人は手袋をしましょうね( ´∀` )。

 

汚れをこすり落としたことにより、再び銅がむき出しになり消臭・防虫効果が復活します。

表面が完全に酸化してしまったら、大人しく買い替えてください

 

 

夏場で虫が沸かず、消臭効果バツグンな銅の排水ゴミ受けはおススメ!

銅の排水ゴミ受けは良いです。

 

夏場の生ごみからは悪臭が立ち込め、虫も沸きやすくなりますが、銅の排水ゴミ受けがあればそんなことは起こらないです。

そのおかげで、5年以上も我が家のシンク内不動のレギュラーに選ばれ続けています。

ゴミ受けの表面が完全に変色しない限り、使い続けます。

 

今回の掃除で再び蘇ったので、まだまだ使えますね( ´∀` )。

手入れをちゃんとすれば5年以上は効果を発揮し続けるので、一つの物を長く使い続けたい人は銅の排水ゴミ受けはおススメです。

 

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-節約術

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.