貯金1000万円ノウハウ

ファイナンシャルプランナーに相談しても意味ない人4パターン

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

会社員になって4年半で貯金1000万円を達成し、過去にファイナンシャルプランナーに無料相談&有料相談した経験がある会社員です。

 

本記事は「ファイナンシャルプランナー(以下、FP)に相談して何か意味があるのかな・・・?お金は増えるのかな・・・?」って疑問を持っている人向けの内容です。

 

確かに、FPさんに相談しても意味のない人(つまり、家計が改善できない人)はいます。

結論から言うと、

  1. FPさんに全部丸投げな人
  2. 最低限の金融知識が無い人
  3. 無料相談ですべて解決しようとする人
  4. すでに貯金体質な人

となっています。

これら4パターンはすべて私の周りに実在した人で、その人たちの考え方にも触れていきます。

家計が改善される考え方や改善できない考え方に興味がある人は、ぜひ最後までご覧になってください<(_ _)>。

 

では、まいりましょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談しても意味ない人4パターン

先ほどの結論をもう一度出します。

  1. FPさんに全部丸投げな人
  2. 最低限の金融知識が無い人
  3. 無料相談ですべて解決しようとする人
  4. すでに貯金体質な人

ひとつずつ深めていきましょう。

 

FPさんに全部丸投げな人

このケースの人は、残念ながらFPの仕事範囲を間違って捉えています。

彼らは「とりあえずFPに頼んでおけば、家計は良くなる」って考えており、それは盛大な勘違いです。

FPさんはあなた専属の便利屋ではなく、ましてや召使いでもないからです。

 

全部丸投げって、凄くお金があって、自分一人で家計を管理しきれない人がやっていいことです。

(仕事で忙しい社長とか、とにかくお金のある投資家とか)

丸投げをするってことはFPさんにも相当な業務負荷がかかりますから、当然、相場より高いお金をFPさんに支払う必要があります( ´∀` )。

 

もしも会社員がFPさんに相談を持ち掛けるなら、資産貯金額毎月の収支入っている民間保険リスト給料家族のライフイベントなど全部ひとまとめにして相談に望みましょう。

(過去に私が無料相談したとき、これらを前もって用意したらFPさんにびっくりされました。丸腰で来る人が多いからだそうです。)

繰り返しになりますが、FPさんに丸投げはいけません。

 

最低限の金融知識が無い人

有料相談にしても無料相談にしても、FPさんの言っている単語の意味がわからない人は要注意です。

話が通じず、相談が前に進まずタイムアップになるからです。

(FPさんとの相談は、だいたい時間制限が設けられています)

 

FPさんもさすがに人間ですし、話が通じない相手との相談はシンプルにムカつくと思います。

あ~もうコイツとは話したくね~。会話が成り立たね~。帰りて~。」って思われたら、FPさんのパフォーマンスはダダ下がりでしょう。

FPさんのパフォーマンスが下がったら、良い相談なんて望めません。

良い相談はFPさんと相談者のマネーリテラシーが釣り合っていて成立します。

普通の会社員でもFPの勉強自体は大いに役立つので、勉強だけでもやっておくことをおススメします。

 

ファイナンシャルプランナー資格は「勉強だけ」で良い理由

 

無料相談ですべて解決しようとする人

家計を把握し、家計における問題点・課題を把握している人もいます。

一見 素晴らしいですが、その課題を無料相談で全てを解決しようとする人がたまにいらっしゃいます。

そして、そういう人に限ってほとんど何も解決できません。

(そして、「無料相談はクソだった」と愚痴を吐くまでがワンセットです)

 

問題点・課題を解決できない理由として

  • 時間制限がある(1時間くらい)
  • マネーリテラシーが低いので良い質問ができない
  • FPさんは個人の資産運用に関して踏み込んだアドバイス(株の銘柄とか)が法律上できない

が挙げられます。

 

繰り返しになりますが、FPさんも商売です。

本来ならば、無料相談なんてありえません。

お金のプロ相手に、タダで家計相談に乗ってもらおうなんて、よくよく考えたら虫が良すぎますね。

 

私が無料相談を受けるチャンスに恵まれたのは、大きめの会社に勤めているからです。

(金融に関しての社内セミナーはFPさんが担当していますし、無料相談した社員が将来の顧客候補になり得るから、無料相談が成立するのです)

FPさんと会社間でビジネスの関係が生まれているので、会社側もFPさんもWINーWINです。

 

無料相談をするとわかりますが、時間制限もありますし、疑問に対してFPさんが色々と調査する時間も加味すると解決できる疑問は1個か2個くらいです。

家計簿のつけ方、家計の見直し方とか、保険とかの説明を最初に受けたら制限時間のほとんどを使ってしまうでしょう。

相当しっかり準備しても、無料相談で全て解決は難しいです。

 

なので、すべてを解決することは諦めましょう。

解決したかったら、FPさんにお金を支払って相談を申し込むべきです。

 

すでに貯金体質な人

これに関しては非常にポジティブな理由です。

そして、当てはまる人は結構います。

  • 収入が多い
  • 節約家
  • 勉強家 or 家柄が良いのでお金に詳しい(資産家や経営者家系など)

が多い印象です。

 

家計を把握し、適切な行動を選択肢、毎月キチンとお金が余る人はFPさんに相談する意味が無いです。

貯金が出来ている人は、少なくとも家計が間違った方向に向いていないからです。

FPさんに相談したところで、そこまで大きな方向転換も必要ないと言われるでしょう。

ただ褒められて終わるだけだと思います( ´∀` )。

 

過去にFPさんに有料で相談したことがありましたが、「相談したけど、今後で特に変化はなさそうだな~」ってなりました。

一見、お金を損したように聞こえますが、FPさん目線から見てもスキのない家計なんだ!と自信がついてスッキリしました。

(FPさんに深々とお辞儀してお礼を言ったのを覚えてます)

 

「FPさんに相談しても意味は無い!」と言っても、このケースはプラスの意味ですので、当てはまる人は喜びましょう( ´∀` )。

 

【注意点】FPにガチ相談するなら無料相談ではなく有料相談にすべき

あなたがガチで相談したいなら、FPさんには有料相談を持ち掛けるべきです。

FPさんも人間で、FPさんはお金のない人、金払いの悪そうな人は相手にしたくないからです。

(できればお金持ちの人を顧客に欲しがります。支払額が多くなるからです。)

客商売なんだから、当然です( ´∀` )。

 

FPさんにガチ相談したいならしっかりお金を用意して、支払いましょう。

有料での相談が嫌なら、自分で情報を集めて自分で正解を導かないといけませんのでそれなりに覚悟が要ります。

(恥ずかしい話ですが、私がファイナンシャルプランナーって言葉を知ったのは28歳の時でした・・・)

 

参考までに、私は理想的な生活コストを導くのに10年くらいかかりました👇。

一ヶ月の生活費65000円の内訳【最適化された買わない生活】

 

【体験談】FPさんに相談する前に、まずは自分の家計と向き合う時間を取るべき

自分の家計を一番理解しやすいのは自分だからです。

大学生の時とか、図書館でずっと家計について「あーでもない。こーでもない」と悩みながら向き合っていました。

その結果、ひと月の生活コストを最適化することが出来ました。

 

この経験から、一番重要なのは自分で自分の家計と向き合ってちょっとずつ改善する事です。

美談っぽいですが、家計と向き合う過程は課題を浮き彫りにしてキチンと理解する上で必要なことでした。

ネット検索したり、本で調査する際は、自分の中で言語化されている必要がありますからね( ´∀` )。

(私は綺麗好きですが、綺麗ごとや美談が大嫌いです)

なので、とにかく時間をつくって、家計と向き合いましょうね( ´∀` )。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

最後に本記事のポイントをまとめると、

  1. FPさんに全部丸投げな人
  2. 最低限の金融知識が無い人
  3. 無料相談ですべて解決しようとする人
  4. すでに貯金体質な人

はFPさんに相談しても意味はありません。

ポジティブな理由で無意味な人はそのまま突っ走り、そうでない人は家計と向き合う時間をとにかく確保しましょう!

結局それが近道でしょうからね( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-貯金1000万円ノウハウ

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.