年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

ダウンシフト

会社員も悪くない理由5つを現役サラリーマンが解説

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

たまに「マジかよ~」と会社に幻滅したり、しばしば「会社ってすげ~」って思ったりしてるものの、なんだかんだ今でも会社を辞めてない会社員です。

 

会社員って恵まれているのかな・・・?

会社員の良いところが知りたい

 

そんな声にお応えします。

結論から言いますと、会社員であることは全然悪くありません。

私はダウンシフトな生き方を実践し、日々フワフワと生きてますが、なんだかんだ言って会社に6年以上サボらず通えている人の意見として聞いていただければと思います。

では、まいりましょう。

 

会社員も悪くない理由5つを現役サラリーマンが解説

以下、会社員も悪くないと思う理由5つです。

 

  1. 毎月給料がもらえる
  2. 65歳まで雇用を保証してもらえる
  3. ケガや病気の時に守ってもらえる
  4. ひとりの力じゃ絶対無理なものを生み出せる
  5. プロと接することが無料できる

 

ひとつずつ深めていきましょう。

 

毎月給料がもらえる

これぞビバ・会社員ですよね( ´∀` )。

毎月の給料があるって、何物にも代えられないメリットですよね。

残業代や資格取得に伴い給料が上がったりするところもあるようですので、頑張りがいがあるというものですね。

 

給料は上がらなくていいと考えている人、上げることが難しい人は生活コストを下げて稼ぐべき収入額を下げることが必要です。

メンタルの安定化につながるからです。

「給料が増えなくても問題ない」って言える会社員はメンタルが安定します。

必要以上に気負わず、仕事に取り組めますよ( ´∀` )。

65歳まで雇用を保証してもらえる

現行の法律が大幅に変わらない限り、65歳まで雇用は保証されます。

古き良き、終身雇用ってやつですね( ´∀` )。

一旦正社員として入社してしまえば、安心して働けるのは凄く大きいメリットです。

 

しかし、安心するあまりダラけてしまう人は要注意です。

注意点として

  • ダメ社員と評価されるとリストラされるかも
  • 会社の業績が傾いたら会社に居られなくなるかも

などがあげられます。

 

法律が変わって社員をいつでもクビに出来るようになるかもしてないからと言って、転職がメジャーになってきたからと言っても、仕事はちゃんとやったほうが良いと思います。

ちゃんと仕事が出来る人は、万が一職を失ってもどこかにポストがあるでしょうが、仕事ができない人はリアルに無職まっしぐらです。

*私はダウンシフトな生き方を選択していますが、仕事自体は真面目にやってます

 

ケガや病気の時に守ってもらえる

まっとうな会社なら、会社での業務中や通勤時にもしもの事があった場合、守ってもらえます。

なので安心してお仕事をしましょうね( ´∀` )。

(私も過去に通勤中に事故りましたが、就業中に警察と病院に活かせてもらえましたし、保険も降りました)

フリーランスや経営者だったら、自分の身は自分で守らないといけない部分がありますので、事故ったときは「会社員で助かった・・・」と思いました。

事故らないのがベストなのですが(笑)。

 

*会社を長期で休まないといけない病気やケガをしたら、健康保険から傷病手当金がでます。知っておくとよいかと思います。



ひとりの力じゃ絶対無理なものを生み出せる

これは仕事の規模の話です。

一人よりも二人の方が規模の大きい仕事ができますし、成果も大きくなります。

(出世階段を駆け上がる人は、気持ちいいほど「集団で仕事する時の規模感」を嬉々として語ります)

 

大企業になったら、ひとつのプロジェクトに数十人~100人オーバーなんてことも珍しくないです。

規模の大きな仕事にやりがいを感じる人にとっては、凄く大きいメリットなのは間違いありません。

 

プロと接することが無料できる

会社内には凄い人がかなりいます。

その道のプロと言っても差し支えないです。

(逆に存在意義の薄い年配者もいますが)

 

「~歴20年」な人と、新人の時から絡むチャンスがあるのはシンプルにメリットです。

ぜひ弟子入りしてみましょう。

凄い人との関わりは、人生の血肉にも思い出にもなると思います。

 

【注意点】会社をディスって良いのは会社より稼いでいる人だけです

基本的に人様を毛嫌いすることは無いのですが、会社より稼いでいないにもかかわらず「ウチの会社はマジであり得ね~」とかいう人には辟易します。

私の感想ですが、会社をディスって良いのは会社より稼いでいる人に限ります。

(たぶん、そんな実力者はそんな悪口は言わないのでしょうが)

 

私の経験で恐縮ですが、ブログを収益化することでお金を稼ぐことがどんなに大変か少しは理解できるようになりました。

 

収益化 ⇒ 収益の拡大 ⇒ ある程度の収益規模(社員を雇える程度)を維持

 

を目指してはいますが、実現の難しさを毎日のように感じています。

(無論、まだ実現できていません)

 

一方、会社は

 

収益化 ⇒ 収益の拡大 ⇒ ある程度の収益規模(社員を雇える程度)を維持

 

が当たり前のように出来ています。

これ、シンプルに凄いと思いませんか?

会社員として働く、つまり稼ぐシステムに乗っけてもらえるわけですから多少の事で文句言うのは違うかなと思います。

 

*ブラック企業はこの限りではありません

 

本記事は以上です。

「会社員って良いかも」って少しでも思ってくれたら嬉しいです。

最後にポイントをまとめます。

 

  1. 毎月給料がもらえる
  2. 65歳まで雇用を保証してもらえる
  3. ケガや病気の時に守ってもらえる
  4. ひとりの力じゃ絶対無理なものを生み出せる
  5. プロと接することが無料できる

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-ダウンシフト

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.