年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

買わない生活

大学生時代にプリンターを買わないのは正解だった理由6つ

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

大学生時代、プリンターを買わずに過ごしていた会社員です。

そして今後も買う予定はありません。

*ちゃんとストレートで大学・大学院は卒業してます

 

本記事は「プリンターって持つ必要あるの?」って声にひとりのメーカー勤務の会社員目線でお答えします。

大学生時代(もとい貧乏時代)はたいていお金が無いので、余計な買い物をするわけにはいきません。

当時の私は、「プリンターって要るかな?買わないでおこうかな?」って考え、実際に買わない選択をしました。

その決断が正解だったと解説していきたいと思います。

 

では、まいりましょう。

 

 大学生時代にプリンターを買わないのは正解だった理由6つ

プリンター買わないで正解だったなぁ~と思った理由は以下の6つです。

 

  1. 大学に学生証とUSBを持ち込めば使えるプリンタがあった
  2. コンビニのプリンタが便利だった
  3. 年賀状を書かなくなった
  4. Wordファイル、Excelファイル、PDFファイルでの課題提出が多かった
  5. 時代の進歩で「紙⇒電子」処理が進んだ
  6. プリンタは集団の中に1個あるくらいが丁度よい

 

ひとつずつ深めていきましょう。

 

大学に学生証とUSBを持ち込めば使えるプリンタがあった

これは入学当初に大学の先輩から習いました。

全部の大学がそうだとは思いませんが、学生証とUSBさえあればプリンターを使わせてくれる大学もあるそうです。

(受験勉強頑張ったし、授業料も払ってるんですからこのくらいの便益はあっても良いですよね( ´∀` ))

 

とりあえず大学生になったんだし、プリンターも買っておくか~」ってなった同級生は、見事にプリンターは置物と化していましたね( ´∀` )。

(数年後、ホコリ被っていたのは言うまでもありません)

ロクに使いもしない置物に数万円使っちゃったのは、無駄遣いでしかありません。

プリンターを買う前に、大学の設備をよく調べてみましょうね( ´∀` )。

 

コンビニのプリンタが便利だった

大学にプリンターが常設されていなくても、失望することはありません。

プリンタはほぼすべてのコンビニに置いてあるからです。

(田舎のコンビニだと置いてないとこもありますが)

 

コンビニのプリンターは”これでもか!”というくらい説明が丁寧です。

なので、コミュ障気味の人でも心配ご無用です。

また、コンビニのプリンターなら、白黒1枚10円で出来ますから、「大型レポートを紙で提出しないといけない」ってシチュエーションに遭遇しても、プリンターを買うよりはるかに安上がりですよ( ´∀` )。

(プリンタはインク代込みで2万5千円くらいします)

 

大学生だった時、コンビニのプリンターには何度もお世話になりました。

こんなこともあり、プリンターを買わなくて正解でした。

 

年賀状を書かなくなった

これは時代の流れですね。

今やLine、SNSで新年の挨拶をする人も珍しくなくなりました。

その影響で、若い世代を中心に一気に年賀状が廃れましたね( ´∀` )。

 

元・家電量販店の店員目線で言わせていただくと、年賀状をコスパ良く作れるって謳い文句はプリンターを売るための常套句です。

そもそもコスパ良く作れるものが廃れちゃったら、プリンターは売れなくなりそうですよね。

 

*年賀状をしっかり作って出す習慣のある人は、プリンターはあって良いです

 

Wordファイル、Excelファイル、PDFファイルでの課題提出が多かった

大学ではテストもありますが、課題・レポート提出をしないと単位が取れません。

 

私が大学生の時「A4の紙で20枚以内」って制限はほとんど見かけませんでした。

ほとんどのレポートはExcel、Word、PDFで提出した記憶があります。

(2010年代前半のキャンパスライフでこれですから、今じゃもっと電子化が進んでいることでしょう)

大学のレポートで紙提出する場面が少ないので、プリンターが活躍する場面も少ないです。

恐らく、今後も少ないことでしょう。

 

なので、プリンターは買わないほうが正解でした。

 

時代の進歩で「紙 ⇒ 電子」処理が進んだ

ITテクノロジーの発達に伴い、紙 ⇒ 電子 へのシフトが進んでいますね。

例えば、今の職場じゃ紙の書類を用意して、ハンコ押してもらったりしなくなりました。

職場でプリンター使う機会はグッと減りましたね( ´∀` )。

 

最近じゃ、新型コロナウイルスの影響もあってか、役所の手続きも電子・簡略化されてきましたよね( ´∀` )。

タッチパネルでポンポンと手続きが出来るようになったので、プリンターが撤去されないまでも、隅に追いやられる日もそう遠くないかもしれません。

 

企業、行政といった大きな集団ですらプリンターの出番が少なくなってますが、個人ではどうでしょう?

例えば娯楽に関していえば、ネトフリとか通販とかはスマホで全部完結するので、基本的にプリンターの出番はないです。

また、紙媒体で手続する機会すら減っている印象です。

 

ここ数年で紙で手続きしたものは

  • ふるさと納税
  • 証券口座開設
  • 確定申告

がありますが、自分でプリントアウトしたものは一つもありませんでした。

これら3つはちゃんとしたフォーマットが用意されて、自宅へ郵送されますから、やはりプリンターの出番は今後もなさそうです。

 

どうしても使わないといけない時は、コンビニ行けば良いですしね( ´∀` )。

 

【職場で実感】プリンタは集団の中に1個あるくらいが丁度よい

会社に勤めると、通常プリンターは置いてあります。

先ほどももうしあげましたが、ITテクノロジーの発達に伴い個人がプリンターを使う機会はグッと減りました。

しかし、たま~には使います。

 

個人的な感覚ですが、人間15~20人分のニーズをプリンター1台で賄えてしまう感じです。

個人がプリントアウトする機会が減っている事プリンターの機能が進化している事が相互作用したことを考えると、割と適正な感覚だと思います( ´∀` )。

 

なので、プリンターはひとり1台だと持て余すと考えます。

集団に1個くらいが丁度良いのかもしれません。

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

 

  1. 大学に学生証とUSBを持ち込めば使えるプリンタがあった
  2. コンビニのプリンタが便利だった
  3. 年賀状を書かなくなった
  4. Wordファイル、Excelファイル、PDFファイルでの課題提出が多かった
  5. 時代の進歩で「紙⇒電子」処理が進んだ
  6. プリンタは集団の中に1個あるくらいが丁度よい

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-買わない生活

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.