年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

捨て活

本を500冊以上捨てた経験から得たメリット3つを解説

投稿日:2019年8月21日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
自分で言うのもなんですが、私は読書家です。興味がある本はポチッてしまいます。

そして、10冊くらいパパッと読んでしまいます^_^。

その結果、部屋に本が溢れることになります。

かつて、本棚からも余裕ではみ出ていましたね(笑)。

その時心が落ち着かず、本棚もキッチンもトイレも掃除をする気にならなかったのです。

これはマジでマズイ悪循環だと思いました。

 

そんなこともあり、だらしのない生活に決別する意味で本を捨てることにしました。

はじめは「せっかく買った本がもったいない!」と思いましたが、勇気を出すためにとりあえずミニマリストの本を読んでみました。

本を読むに、心理的に色々とメリットがあるようでした。

 

できれば職場や地元の友人に聞いてみたかったのですが、誰もやっていなかったので自分で確かめることにしました。

「買った本を読んだら捨ててしまう」習慣は少数派なようです・・・。

 

まあそれが普通ですよね。

「捨てるくらいなら初めから買うな!」って普通の親御さんなら言いますよね( ´∀` )。

 

話を本を捨てることに戻しますと、気になる効用は心にゆとりができてメンタルが整うとのこと。

本に載ってる事が私にも起こるのか…疑い半分で始めてみることにしました。

 

結果、500冊以上を処分することになりました。

その中でわかったこと、見えてきたことをお伝えします。

 

では、まいりましょう。

 

本を500冊以上捨てた経験から得たメリット3つ

結論から申し上げますと、

 

  • 頭を使うようになった
  • 捨てたことにより、自分にとって大事な情報がわかるようになった
  • 多くの知識が手に入るようになった

 

を実感しました。

ひとつずつ深めていきましょう。

 

頭を使うようになった

本を捨てたことで「安易に買い物するのはもったいない」「もっと将来の事とかよく考えてから買うかどうか決めないと」って考えが芽生えました。

 

その結果、「安易に本を買わず、まず考える」習慣がつきました。

魅力的な製品に遭遇しても、「果たしてこれは要るのかな~?」と一考します。

大抵、要らないことが多いです。

 

普段の買い物で、明らかに脳をフル回転させるようになったのは、とても大きなメリットです( ´∀` )。

 

捨てたことにより、自分にとって大事な情報かわかるようになった

私はどの本も、割と一生懸命読みます。差別はしません。

残酷な言い方になりますが、捨てた途端に忘れてしまう知識は「今の私にはさほど重要ではないということです。

もったいない気もしますが、現実として起こり得ます。

 

例えば、経営論や経済学と言ったアカデミックな本の内容は、マジですぐに忘れます

実際に本を処分してみたから、この現象に出会えました。

 

情報の断捨離は脳が勝手にしてくれるので楽で良いですよね^_^

人間に備わった究極の能力と考えています。

 

普通、人間の脳は自分にとって必要無いもの、精神に悪影響を及ぼすものは排除するようにできています。

その特性を最大限に利用するには、本をしっかり読んで捨てる事です。

 

さすがに買って捨てるのはロスが多すぎるので、図書館を利用するようになりました( ´∀` )。

図書館は公共施設なので、使い倒しましょう。

 

多くの知識が手に入った

自宅の本が流動的になる、と言った方が適当かもしれません。

一冊をとことん読むという考えもありますが、多ジャンル・多読が最も知識が手に入ります。

買って捨ててを繰り返して、賢くなった実感があります(お金は減りましたが)。

 

現在は4冊まで本を持てるルールを設定しました。

一番私にとって効率が良いからです。

エッセンスの宝庫!と呼べる本は取っておくスタンスを7年ほど貫いており、今後もこのスタンスでいきます。

 

👇本達の壮絶なレギュラー争いが本棚で繰り広げられてます(笑)。現在4冊。

 

ちなみに私は本は売りません著者さんに敬意を表するためです。

本が中古として安価で出回ると、著者さんに入るであろう印税が減ってしまいます。

 

この価値観は高校の先輩のカズレーザーさん(メイプル超合金)から学びました。

たとえ僅かでも、自分に知識を授けてくれた本の著者さんは、見返りとしてしっかり印税を受け取るべきと考えています。

 

本を読んで覚えておきたい知識はクラウドに保存!

そうは言っても、素晴らしい知識はメモとして残しておきたい!って思うものです。

私だってそう思います(笑)。

売っている本は出版社に価値を認められ、書籍化へのステップを踏んでいるコンテンツですので、ガチで学びがゼロなものは存在しないと思います。

(現時点で役に立たない知識はたくさんありますが)

 

そんなメモを残しておきたい人にお勧めしたいのが、PCやスマホでメモしてデータとして保存しておく方法です。

候補として

 

  • GoogleDrive
  • USBメモリ
  • OneDrive
  • dropbox

 

などが上げられます。

 

USBメモリを除けば、ネット上に保存できるので場所は取りません。

ミニマリストとの相性は抜群です。

私もWordファイルをGoogleDriveに保存しています。

テキストのみの情報なら大して容量も食わないので無料で貰える5GBで十分じゃないかと思います。

 

本を読む ⇒ メモってネット上に保存 ⇒ 本を捨てる

 

のサイクルを回して、人生をより賢くポジティブに生きていきましょう!

 

とは言っても「処分はもったいない!処分するなら せめて売りたい!」って考える人もいると思います。

現在は断捨離をサポートするサービスも出てきました。

 

端的に言うと「宅配買取」です。

宅配キットを注文し、要らないモノを詰めて、査定して買い取ってもらうシンプルな方法です。

処分費用を取られるわけでもなく外出も不要、さらに部屋の整理整頓もできますよ( ´∀` )。

 

▼無料宅配キットの申し込みはコチラ▼


👇大量の本、PC(Windows、Mac)、壊れたiPhone、ブランドの服の出張買取サービスまとめはコチラ<(_ _)>。

【物を減らす方法】不用品買取りサービス5つを紹介します

 

今日はこの辺で( ´∀` )。

 

スポンサーリンク

-捨て活

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.