年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

節約術

ゴミ箱を自作すると色々と楽な話【無駄遣いを避ける金言も添えて】

投稿日:2021年1月17日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

ゴミ箱を自作している会社員です。

 

所有物の少ない、身軽さを感じる人生を送りたい人は手作りスキルを身に付けましょう。

 

タダ同然で材料を用意・制作し、制作物がいつでも処分できる状態ならモノが増えても身軽さを感じられます。

今回はゴミ箱の自作についてお話ししたいと思います。

 

では、まいりましょう。



ゴミ箱を自作すると色々と楽な話

以下2点が、楽な点だと感じるところです。

 

  • 所有による精神的負荷が無いこと
  • 金銭的負荷が無いこと

 

貧乏時代、私はとにかくお金がなくて、「本当に必要な事なのか」熟慮に熟慮を重ねて持つモノを決めていました。

買い物リストに真っ先から外れたのは、ゴミ箱でした。

 

以下、その考えに至った経緯をお話しします。

 

ゴミ箱の能力は「ゴミを溜めておくだけ」

ゴミ箱の能力を書いてみました。

 

ゴミ箱:ゴミを溜める

 

それ以外ゴミ箱に能力はありますか?

 

もちろん、調べてみると「ゴミを上からプレスする機能」だったり「脱臭する機能」が付与されたゴミ箱があることは存じ上げています(そして、結構高い値段であることも)。

とはいえ、結局ゴミ箱は不要な物を保存するしか能力は無いので、お金をかけるポイントではないと判断しました。

デラックスなゴミ箱を買うなら、株を買います( ´∀` )。



自問自答:「ゴミを溜めておくだけ」の能力にお金を払いたいか?

これは、少しグサッと来る人もいるかもしれません。

しかし、この言葉はしっかりかみ砕いて飲み込む価値はあると思います。

 

「~の能力にお金を払いたいか?」

 

この問いは私が貧乏時代から繰り返してきたことでもありますし、何回も無駄な買い物をしないで済みました。

そのくらいの抑止力があるマジックフレーズです。

 

ゴミ箱で言うなら、「ゴミを溜めておくだけの機能にお金を払いたいか?」になります。

私はNoです。

 

こんな感じでゴミ箱を買わずに済んでます。

お金は使わなければ、お金は貯まるのですから抑止力はあるに越したことはありません。

買わないに勝る節約無しです。

 

自作したゴミ箱たち

作り方は簡単です。

段ボールを1面切り落とし、内側にビニール袋を張り付けるだけです👇。

 

 

2つのゴミ箱がいっぱいになったら、街指定のゴミ袋に移し、ゴミ捨て場に捨てます。

そして、ゴミ箱は空っぽになり、再びゴミ溜めを頑張ってもらいます。

自作でありますが、何回も使える優れものです。

 

段ボールは通販や引っ越しの時に使ったもので十分です。

(段ボールはゴキブリの温床になりうるらしいですが、私は今のところ大丈夫です)

期待した能力が「ゴミを溜めておくだけ」なら投資金額も少なくて当たり前ですよね( ´∀` )。

 

ゴミ箱なんて大した額じゃないっしょ!っておっしゃる人もいますが、私がお金を使わないのは金額の問題ではないです。

ゴミ箱に関していえば、シンプルに買い物が気に入らないから、ゴミ箱を買ってしまうと身軽さが感じられないからです。

気に入らない事ってわざわざする必要はないです。

 

自分に正直になった結果、こんなお金の使い方になりました。



「買った」ゴミ箱がないと精神的に楽

私は穏やかな過程で育ちました。

今後も私の身の回りでは穏やかなやり取りで満ちていて欲しいと思っています。

 

例えば、

 

「誰が稼いでいると思っているんだ!」

「これ、いくらしたと思ってるんだ!!」

 

こんなやり取りは論外です。

身分不相応なお高いモノを買った人がしがちなやり取りですよね。

貯金がない時とか、車で事故ったときとかによく聞きます。

こんなやり取りはしたくないから、高いモノや余計なモノを持たないようにしています。

 

自作したゴミ箱を絡めて、ちょっとしたシミュレーションをしてみましょう。

妻が何かの手違いでゴミ箱を壊しちゃったとしましょう。

 

「ゴミ箱が壊れた?あ~そう??ところで君は大丈夫?」

「ゴミ箱はまた作ればいいから問題ないよ~」

 

みたいなやり取りになる事でしょう。

これはゴミ箱による精神的負担がないためです。

穏やかでいるためには、余計なものを持たない、必要以上に高いお金を払ってモノを所有しないことが必要だと考えています。

 

そしてその考えは、身軽でいたい私にはマッチしていました。

 



ゴミ箱を買わないとお財布はノーダメージ

 

お財布がノーダメージなのも大きいと思います。

だって、壊れた時に心も貯金残高も痛まないんですから。

(無論、大切に使いますし長く使えるように努力はしますが)

 

私が使った段ボールはAmazonで玄米とプロテインを買った時のものです。

買い物のついでに届いたものを極限まで利用しています。

この「いただいたものを極限まで利用する姿勢」は今後も貫きたいと思います。

 

なぜゴミ箱を自作するか

ゴミ箱は私生活を送る以上どうしても必要で、かつお金を使いたくないからです。

ドライな言い方をすると、ゴミ箱にお金を払う必要はないと判断しただけです。

 

普通の毎日を送る以上、生活ゴミは絶対に発生しますしゴミを捨てることは必要な動作です。

自炊する以上は生ごみは出ますし、自分で切った髪を捨てる必要があるからです。

 

 

今後も自作のゴミ箱は、我が家に君臨し続けます。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-節約術

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.