年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

健康

自転車通勤がストレス解消に良い理由5つ

投稿日:2021年4月20日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

クロスバイク通学・通勤10年以上楽しくやっている現役の会社員です。

 

本記事は「自転車通勤をやってストレスを解消したい!」「自転車通勤の注意点を知りたい!」と思っている人向けに書かれています。

では、まいりましょう。



自転車通勤がストレス解消に良い理由5つ

 

  • 「通勤時間に」適度な運動ができる
  • 通勤に窮屈さを感じない
  • 自然に触れられる
  • 金銭的負担が少ない
  • コロナ対策になる(3密回避)

 

会社員は1日8時間以上仕事に拘束されます。

中には、適度な運動やストレス発散の時間すらないという人もいらっしゃるくらいです。

自転車に乗っている間は自分だけの時間を過ごせるので、頭のON-OFFをしっかり切り替えられます。

そのおかげでストレス発散もできますし、運動にもなります。これを通勤中にできるのです。

 

自転車は基本的に舗装道路を走りますが、その間は自然に触れることができます。

草花を横目に自転車を走らせると、気分も良いですよ( ´∀` )。

 

自転車はリーズナブルです。

購入したら、車ほどの維持費はかからないです。

 

後付けですが、3密回避にも有効と言えそうですね。

新型コロナウイルスが収束するまでは、単独で通勤したほうがよさそうです。



自転車通勤でストレスを溜めないための注意点

 

自転車通勤はストレス解消には良いですが、自転車通勤そのものがストレスになることもあります。

端的に言うと、予測してなかった面倒事で煩わしくなってしまいます。

自転車通勤始めたけど、こんなはずでは・・・」ってならないためにも、以下の注意点を知っておいてください<(_ _)>。

 

  • 混んでいる道路を選ばない
  • 自転車にベル、ライトを付ける
  • 傷害保険に入る
  • リュックに投資する
  • たまにはバス・車で通勤する

 

自転車通勤でストレスを感じたくない人はこれら5点に気を付けましょう。

混んでいる道を選ばないのは交通事故を未然に防ぐため通勤をストレスフルにしないためです。

 

自転車にベルやライトが付いていないと交通ルール違反なので、しっかりつけて走りましょう。

事故ったときに備え、傷害保険には入っておきましょうね( ´∀` )。

 

 

 

自転車通勤ってことは、荷物は背負うことになるでしょう。

そのため、リュックは大切です。

おススメはドイターのリュックです。

(ただし、PCを持ち運ぶ人はドイターは薦めません)

 

意外と盲点ですが、通勤が自転車ばかりだとストレスになる人が多いです。

通勤のマンネリ化にイラつくのは、毎日の満員電車に辟易するのと原理は変わらないからです。

せっかくの自転車通勤をストレスフルにしないためにも、ぜひ別の通勤手段と組み合わせましょう。

 

私も天気が良い日に、あえて徒歩・自家用車で職場へ行くこともあります。

そのおかげで、自転車通勤をマンネリ化させずに楽しんでいます。

何事もほどほどが丁度よいです( ´∀` )。



自転車通勤のストレス対処法4つ

 

  • 汗 ⇒ 汗拭きシート・制汗スプレー、着替え
  • 強風・降雨 ⇒ 濡れても良い服を着る、いくつか通勤手段を持っておく
  • パンク ⇒ 修理ツールを持つ、自転車屋とタクシーの連絡先を調べておく
  • メンテナンス ⇒ 専用ツールを持つ

 

これらは自転車に乗る以上、ほぼ避けられないストレス要因です。

そのため、しっかりと備えておくべきだと思います。

屋外で、かつ自分の身体を動力源にする以上、一定以上の責任が伴います。

 

気持ちよく通勤するのも自己責任なので、事前準備はぬかりなくやりましょうね( ´∀` )。

 

 

自転車を持つことがストレスにならないように、自転車メンテナンスは勉強が必要です

クロスバイクやロードバイクなどに乗っている人は、ギヤがむき出しな分メンテはしやすいですよ( ´∀` )。

また、自分の服が汚れることも考えられるので通勤用の服を固定することも一案です。

 

繰り返しになりますが、自転車に乗る人はぜひドイター(deuter)ってメーカーを調べましょう。

前傾姿勢で汗をかく自転車乗りを想定したリュックを作っているメーカーです。

背中に汗が流れてリュックの下のシャツがビタビタになるのはシンプルにストレスなので自転車通勤をする人におススメです。

 

👇実際に備えてみると、リュックの中身はこんな感じになります。

 

 

  • 除菌シート、スプレー
  • ジップロックに入れた予備チューブ
  • 折りたたみ傘
  • お薬手帳
  • 手帳(ミドリ ミニマルダイアリー)
  • エコバッグ
  • 携帯ボンベセット
  • ライト
  • ボトル

 

この時期は気温が低いので、まだ汗拭きシートと制汗スプレーの出番は無いです。

これでリュックの容量は3割くらいです。

この程度の備えでも自転車通勤は劇的に快適になります。



クロスバイクは室内に置いてます

 

自転車を買っても置き場が無いって人、諦めないでください( ´∀` )。

 

こんな感じでスタンドを置いて引っかければ、自転車を室内に置いておけます。

自転車を引っかけるためのスタンドも売ってますので、駐輪場が無い人は手に入れる価値はあります。

(私は自転車を愛していますので、自転車を屋外に置くことはありません)

 

 

私が導入したのはミノウラのバイクスタンド

自転車スタンドのおかげで床が汚れることもありませんし、壁に穴をあける必要もありませんので自転車スタンドはマジでいい買い物でした。

(写真じゃわかりにくいですが、立てかけるスタンドです)

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最後にまとめると、

 

  • 自転車通勤はストレス解消に良い
  • 自転車通勤そのものがストレスになり得る
  • 快適な自転車通勤にはある程度道具が必要

 

本記事は以上です。

読んでいただいた皆様が、素晴らしい自転車通勤ライフを送れたらそれに勝る喜びはありません。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-健康

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.