買わない生活

電子書籍派なのにKindleを買わない理由2つ

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

電子書籍をたくさん読むにもかかわらず、Kindleなどの電子書籍リーダーを持ってない会社員です。

本記事を読んでいただければ、なぜ私がkindleを買わないのかわかっていただけるかと思います。

 

本記事は「社会人たるもの、自己啓発の一環として本に投資すべきだ。電子書籍なら、かさばらないしいつでも読める。とりあえずKindleでも買うべきか…」って考えている人向けの内容です。

はじめに結論から申し上げます。

結論:Kindleのメリットを活かしきれない生活環境の人は買わない方が賢い(と思う)

かく言う私も、この結論からKindleを買わないことにしました。

その経緯をお話しします。

(もしも私同様、Kindleを買わない選択をされるのでしたら、知っておいて欲しい注意点も書きましたので ぜひ読んでくださいね)

では、まいりましょう。

 

電子書籍派なのにKindleを買わない理由2つ

以下、kindleを買わない理由2つです。

  1. 出先で本を読む機会がない
  2. 電子書籍をスマホ、PCで見ることが多い

ひとつずつ深めていきましょう。

 

出先で本を読む機会がない

私は会社員です(電気設計エンジニアです)。

つまり、基本的に会社内にいます(さらにPCの近くにいます)。

つまり、会社に言っている間はなかなか一人で読書に没頭できる時間が少ないです。

(平日に読書をするなら、就寝前になってしまいます)

 

電池の持ちが良くて、家でも家ではない所でも快適にスイスイ読めるのがkindleの良い所です。

残念ながら、私はこれらの長所を活かしきれないと判断しました。

なので、買わないことにしました。

 

電子書籍をスマホ、PCで見ることが多い

電子書籍はスマホやPCでも読めます(アプリをインストールする必要がありますが)。

これまではスマホ・PCの二刀流で全然不便が無かったわけですが、念のため私生活で読書するシチュエーションを書き出しました。

  • バスや電車に乗っている時・・・スマホでOK
  • PC作業の息抜き時・・・PCでOK
  • 寝っ転がりながら読書したい時・・・スマホでOK

私の生活を鑑みると、そもそもKindleを追加する必要がありませんでした。

例えばiPhoneあるのにiPodをわざわざ買うのか?って考え方と理屈は同じです。

このような理由でkindleは過剰投資と判断し、買わないことにしました。

 

【注意点】スマホやPCで電子書籍を楽しむならブルーライト対策は必須です

kindleを買わないで電子書籍を読みたい人は、ブルーライト対策をしておくべきだと思います。

ブルーライトは目に有害ですので、カットしておくに越したことはありません。

ブルーライトに関して ここでは深めませんが、以下の二つはググってみてくださいね( ´∀` )。

  1. ブルーライトをカットできるスマホ・PCの初期設定
    ()
  2. ブルーライトカットのシート、メガネ

ブルーライトをカットできるスマホ・PCの初期設定

スマホやPCはブルーライトカットの設定ができます。

少し面倒ですが、やっておく価値は十分にあります。

一旦設定をしておけば、ブルーライトがカットされた状態でスマホやPCを使い続けられるので、早く着手した人から恩恵に預かれます( ´∀` )。

 

この記事を見てくださっている人が、どんなスマホ・PCを使っているかわかりませんので、検索ワードを書いておきます。

(👇クリックしたら検索結果へ飛べます)

 

ブルーライトカットのシート、メガネ

スマホやPCの設定だけでなく、ブルーライトカット用品にも投資しましょう。

スマホやPCはとても便利で長い付き合いになるでしょうから、メガネディスプレイへのブルーライト対策は万全を期しましょうね( ´∀` )。

レーシック等、今後も視力回復などの医学は進歩するのでしょうが、目への被害を最小限にしておくのは必要経費でしょう。

kindleを買うお金は、ブルーライトカット用品に使いましょう。

恐らく、kindleよりは安上がりです。

(無論、私はメガネもディスプレイもブルーライト対策をバッチリ施しています)

 

kindleを買わない理由注意点については以上です。

しかし、これはあくまで個人の1ケースに過ぎません。

そこで、最後にkindleを買っても後悔しないだろうなぁ~って人について触れたいと思います。

(端的に言うと、私と真逆の立場の人です( ´∀` ))

 

Kindleを買っても後悔しなさそうな人2パターン

以下、kindleを買っても後悔しなさそうな人の特徴です。

  1. 紙の本が嫌いな人
  2. マンガを大量に保有したい人

ひとつずつ深めていきましょう。

 

紙の本が嫌いな人

紙の嫌いな人はkindleを買っても後悔はしないかと思います。

学校の教科書は読まないのに、電子書籍の専門書とかは抵抗無く読めてしまうヤングがたま~にいます^ - ^。

(知り合いのお子様がそういう感じだそうです。マジで驚きました。)

私くらいの世代ではあまり見かけませんが、赤ちゃんの頃からスマホに親しんでいる世代の人は、紙の本が嫌いなケースもあるそうです。

そんな人は、紙の本より電子書籍のほうが肌に合うでしょうし、kindleを買っても後悔しないでしょう。

 

マンガを大量に保有したい人

大量のマンガを気の済むまで読みたい

これはマンガが好きな人の夢ですよね( ´∀` )。

お子様なら思いのままに本を爆買いできるのでしょうが、大人はそうはいかないと思います。

お給料や今住んでいる部屋の広さには限りがあるならば、電子書籍を取り入れるのも検討の余地はあるでしょう。

 

そんな人には、大量のマンガに触れるために定額サービスを利用する選択肢もありますが、ONE PIECEやこち亀などボリューム満点なマンガはコンプリートしたいと考える人もいるでしょう(私はコンプしたい派です)。

生活費・部屋の広さといった大人の事情を考えた結果、漫画を大量に保有したい人はkindleを買っても良いかと思います。

 

ちなみに、私はマンガは電子書籍でたくさん欲しいと思う反面、自己啓発系の本はなるべく買わないほうが良いと考えています。

理由が気になる人は参考記事もご覧になってくださいね<(_ _)>。

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

  1. 出先で本を読む機会がない
  2. 電子書籍をスマホ、PCで見ることが多い

これら2つが当てはまる人は、私同様kindleは過剰投資でしょうから、わざわざ買わなくていいと思います。

逆に

  • 紙の本が嫌いな人
  • マンガを大量に保有したい人

な人はkindleを買ってもいいかもしれません。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-買わない生活

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.