Sponsored Link

貧乏くさい節約術

[スマホの長寿命化]スマホケースは冊子型ケースを選ぶべき理由

投稿日:


Yoshiaki
モノを大切にする理由は色々あります。

私はモノを大切にすると幸せな人生に繋がった経験から、モノを大切にし続けようと考えています。

モノを大切にする別の理由の一つとして、「長く使い続けるため」があります。

買い替えのサイクルを長く出来れば、生涯の出費は下がりますし節約につながるからです。

特に、購入価格が高いモノはしょっちゅう買い換えたら節約の効果も薄れてしまいます。

なので、長く使い続ける工夫が重要です。

今回はスマートフォンを長く使うことにフォーカスします。

是非、スマホケースに冊子型ケースを採用してほしい、採用すべき理由についてお話しします。

読んでくれた人が冊子型ケースに興味が出るきっかけになればうれしいです。

では、まいりましょう。

 

スマホケースは冊子型ケースを選ぶべき理由

スマホは基本的に値段が高いです。

iPhoneに至っては、1台10万円以上することすらありますね。

(ちなみに私は5万円くらいのiPhoneSE(32GB)です)



スマホは大体、以下3つの原因で交換することになるでしょう。

  • バッテリーの寿命
  • 動作不良
  • 液晶ディスプレイの破損

バッテリーは専門店に行けば、多少のお金はかかるものの新品と交換してもらえますので、そこまで大ごとにはならない事でしょう。

動作不良は初めのうちに気が付けば、メーカーが保障してくれるでしょうし、経年劣化だったらスマホをねぎらう気持ちすら湧くことでしょう。

なので、動作不良も意外と問題にならないことが多いです。

 

問題はスマホ画面の破損です。

何らかのアクシデントで画面が割れてしまったら、専門店で修理が必要ですし、場合によっては新しくする必要も出てくるでしょう。

人によっては数万円単位の費用が掛かることもあります。

画面が見にくくなってしまいますし、いったん割れたら勝手に元に戻ることはありません。

しかも、購入初日に起こっても何ら不思議ではありません。

地面に落としてしまうことは、いつでも誰でもあり得ますから。

 

つまり、スマホを長く使い続けるには液晶画面を保護することが重要です。

そのため、液晶画面が割れる事態を回避することが必要です。

なので、スマホケースは冊子型のものを採用することをおススメします。

 

私の長持ち実績

私は2012年からスマホデビューでした。

ちなみに、ガラケーは8年間同じものを使っていました(笑)。

これまでスマホは2台使っています。

iPhone5・・・2012~2018(バッテリー交換1回)

iPhoneSE・・・2018~現在

初期のiPhone5は6年間使わせていただきました。

(なお、SEに替えてからも動画観賞用として今でも活躍しています)

これはひとえに、冊子型のスマホケースを採用し、液晶画面を徹底的に保護した結果だと思います。

この実績があるので、私は今後も冊子型を使い続けます。

参考までに、こんなのを使っています↓(iPhone5サイズのカバーを使う人っていませんよね・・)。

こんな動画もある!【物理エンジンくんチャンネルより】

以下の動画を見ると、なんでスマホ画面を割ってしまう人が多いのか何となくわかります。

なんでも、スマホを地面に落とすと、画面が下を向いて着地する確率のほうが大きいらしいのです。

*実証実験ではなく、あくまで確率で考えたものらしいのです。

この動画を見てから、スマホ画面を保護する意義が何となく湧いてきました。

ますます冊子型のスマホケースが手放せなくなりましたね( ´∀` )。

モノを大切にして、幸せな人生につなげつつ、節約を楽しみましょう!

 

節約して浮いたお金は、心躍ることに使いたいものですね。

私は株式投資に使います。

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.