Sponsored Link

 歯列矯正で得た学び

10年間トラブル無し!歯医者さん直伝の効果的な歯磨きを完全解説!

投稿日:


Yoshiaki
最後に歯の治療をしてから10年以上経ちました。

その間も歯医者さんに定期的に通っています。

毎回の検診の結果、異状なしを10年継続できたことは、まぎれもなく私の実績です。

これはひとえに、歯磨きにこだわった結果と自負しています。

今回は10年間トラブル無しを実現した歯医者さん直伝の効果的な歯磨きを説明します。

お子様がいらっしゃる親御様や、歯のトラブルを避けたい人の役に立てばうれしいです。

では、まいりましょう。

 

歯医者さん直伝の効果的な歯磨きとは

*私の通ってきた歯医者さんから聞いてきたことです。お所によっては違う意見の歯医者さんもいらっしゃるかもしれません。

歯垢を取り去ること付かないようにすること口を密閉し唾液にキチンと仕事をしてもらうことを目指さないと、口内はもちろん、歯もダメになると教わりました。

結構複雑かなと予想していましたが、そうでもなかったです。

人間、行きつく先はシンプルなようですね( ´∀` )。

では、実際にどんな感じか説明します。



歯医者さん直伝の効果的な歯磨き

ポイントを簡単に説明すると、

  • 歯垢は悪いやつなので除去する
  • 歯垢の色は歯と似ているので色を付けたほうがわかりやすい
  • 染まった部分を落とせばよいから歯磨きの評価が簡単

これらを踏まえた歯磨きとご理解いただければ幸いです。

 

実際の手順は

  • プラークチェッカーで歯垢の染め出し
  • デンタルフロスで歯間の染色部分を落とす
  • 研磨剤無し、フッ素含有の歯磨き粉を使ってブラッシング
  • 洗口剤でブクブクうがい

となっています。

では、ひとつずつ深めていきましょう。

 

プラークチェッカーで歯垢の染め出し

歯垢はパッと見た感じでは認識しにくいです。

なので、目立つ色に着色しちゃえば良くない?って発想です。

私が小学校の頃は「食紅」って方法で歯垢の染め出しをやった記憶がありますが、あれは味が超マズかった・・・。

今は・・時代は進歩しました。

これは、さわやかなブドウ味で上述の味がマズイ問題はないです。

また、キチンと歯ブラシやデンタルフロスでこすらないと色が落ちないので、サボることができません。

色のついた歯で会社や学校へ行くのは恥ずかしいですからね( ´∀` )。程よい強制力です。

これが全部落ちたら、歯垢が全部落ちたということです。理屈は簡単ですね( ´∀` )。

注意点:リップクリームを塗ってからプラークチェッカーを使いましょう。使わなかったら唇回りにプラークチェッカーの色がついてしまいます。

次に、着色を落とす作業です。



デンタルフロスで歯間の染色部分を落とす

まずは歯と歯の間から攻めていきましょう。

使うのはデンタルフロスです。

キチンと使えば、デンタルフロスに色がべったりと着くと思います。

それを全ての歯と歯の間で、丹念に行ないましょう。

はじめは時間がかかりますが、日を追うごとに効率的になっていきます。

*人は単純作業をうまくなる性質があるそうです

デンタルフロスはこの歯磨きの要です。ぜひ手に入れて、使ってみましょう。

繰り返しになりますが、使うほど、うまくなります。

 

研磨剤無し、フッ素含有の歯磨き粉を使ってブラッシング

歯ブラシで汚れを落としてから、歯磨きで歯磨きをしましょう。

歯ブラシで汚れを落とす際も、歯ブラシをいろんな角度で歯に当てましょう。

私は下の前歯の裏の歯磨きがヘタクソだということがわかっていますので、そこを入念に磨いています。

人によって歯磨きのクセはそれぞれだと思いますので、是非1度ご自身のクセを把握してみてはいかがでしょうか?

プラークチェッカーで歯垢は染め出されているので、クセの把握は結構簡単です( ´∀` )。

そのあと、フッ素が入っていて、研磨剤が入っていない歯磨き粉を使って仕上げ磨きをしましょう。

口内にフッ素成分がスムーズに行き渡るのを感じると思います。

最後に仕上げです。



洗口剤でブクブクうがい

歯医者さんがおススメしている洗口剤をかれこれ10年以上リピートしています。

適量を守ってブクブクうがいをしましょう。

フッ素のせいか、口の中がスッキリします。

寝起きのうがいにも良いですよ( ´∀` )。

*味覚異常をもたらす成分もないので、食事前にうがいをしても大丈夫です。私は毎朝、朝食前にやっています。

私はこれらの手順に加えてマウスピースを入れますが、多くの人はここでおしまいです。

 

実際に私の歯磨き風景の動画を貼っておきます。

参考になりましたら幸いです。

この歯磨きって面倒そう・・・でも継続できた理由2つ

確かに、道具を揃えたての頃は、一連の手順を面倒に感じていました。

エンジニアという仕事柄、「面倒ごとをやらなくても済む方法」を考えてしまう時期もありました(今思えばただの横着です)。

しかし、10年以上継続できました。

 

理由は2つあります。

  • 健康寿命を延ばす可能性のある行動だということ
  • 人生トータルでの節約につながること

ひとつずつ深めていきます。



ひとつ目ですが、健康寿命の延びは人生の楽しい時間の増加にほぼ等しいです。歯の痛い時間はもちろん、不健康でイマイチ乗り切れない時間は治療に専念しないといけない分、つまらないからです。

日々の歯磨きで健康的な時間を延ばすことができるなら、リソースを割いても全然割に合う!と真剣に思えました。

面倒ごとは、それをかき消すくらいのメリットがないと続かないものです。

 

ふたつ目は医療費についてです。

よほどの例外を除いて、加齢に伴い医療費は上がります。

程度はどうあれ、どのような人が医療費がより多くかかるのかが気になりました。

そこで、色々な手段を講じ調査しました。

医療費が多くかかる傾向の強い人の特徴が「口内トラブルが多い人」でした。

 

少し詳しく説明します。

口内トラブルがある時点で、口が開きがちになりますし、口呼吸が先行しがちになります。

読んだら口呼吸を辞めたくなる記事【歯並びにもマイナスです】

歯も悪くなる確率も上がりますし、口呼吸で取り込んだ外気は内臓にとってダメージが大きいとされています。

 

つまり、気分よく口を閉じ続けるために毎日の歯磨きを頑張らないといけなくて、サボったら何らかのマズいことが我が身に降りかかることが予想されました。

頑張らないとマズいと思えるようになれば、継続なんて大したことありません。

口内は良い歯磨きを通じて、生涯健全に保ちたいものですね。

歯医者さん直伝の効果的な歯磨きに必要なセット一式

少し盛りだくさんの内容になってしまったので、ここに必要セット一式を示しておきます。

気になる人は購入してみてはいかがでしょうか?今と、将来への投資資金としては信じられないくらい安いです。

 

今日はこの辺で。

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.