年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

節約術

とにかくお金をかけない掃除道具まとめ

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

お金をかけずに部屋を綺麗にすることが大好きな会社員です。

 

この記事では「お金をかけずに部屋を綺麗にお掃除したい!必要な道具を知りたい!」って人向けの内容になります。

さっそくお話しします。

では、まいりましょう。

 

とにかくお金をかけない掃除道具まとめ

ラインナップは以下の通りです。

 

  1. クイックルワイパー
  2. クイックルワイパー用シート
  3. ミニホウキ&チリトリ
  4. 雑巾
  5. 重曹
  6. クエン酸
  7. カビキラー
  8. 中性洗剤
  9. トイレ用掃除シート
  10. お手製ツール

 

ひとつずつ深めていきましょう。

 

クイックルワイパー、クイックルワイパー用シート

もう各家庭でおなじみのアイテムですよね。

無い家庭を探すほうが難しいかもしれません。

 

壁際や机のゴミを床に落とし、これでサッと拭き取りましょう。

クイックルワイパー用のシートですが、私は以下の方法で手に入れてます。

 

SBI証券でインデックスファンド(S&P500VTIとか)を買い、毎月Tポイントをもらう(投信マイレージ)

⇒ウエルシアでクイックルワイパー用のシートを買う

 

という形で、ここ数年お金を使わず済んでます。

 

ミニホウキ&チリトリ

貧乏生活時代に知り合いからもらいました。

チリトリの取っ手にホウキをくっつけることが出来るので、無くさずに済んでます( ´∀` )。

玄関とか、室内の掃除とかでゴミがたくさん出た時はこのアイテムの出番です。

(直近では、エアコンフィルターの掃除で使いました)

 

雑巾

雑巾とは書きましたが、使い古したタオルでも良いです。

雑巾の使い道は多岐にわたります。

乾いていれば天井のホコリ落としに活躍しますし、濡らせば床をはじめ色んな所を拭けます。

アナログな掃除をするなら、雑巾は必須です。

 

重曹

研磨剤消臭剤として活躍が期待できます。

用途は主に食器の洗浄になります。

コーヒーの汚れとか、調理器具の汚れが取れて、ピッカピカになります。

 

*重曹には食用、工業用ありますのでよく確認してから買ってくださいね( ´∀` )

 

クエン酸

主に水アカ対策になります。

風呂場や台所の手で触るところで活躍できるので使い方は学んでおきましょうね( ´∀` )。

また、クエン酸は重曹と混ぜると強力に発砲し、ガンコな汚れを浮かせる効果があります。

こんな感じにシュワシュワになります

 

 

カビキラー

これは黒カビ対策です(赤カビはこすれば落ちるのであまり問題になりません)

黒カビに関しては特別な対策、すなわちカビキラーが必要です。

浴室の景観及び衛生はカビキラーで守りましょう。

 

カビキラーはただ単にシュッシュするだけじゃ十分に効果を発揮できないので、カビキラーの能力を限界まで引き出したい人は参考記事をぜひご覧になってください。

 

 

中性洗剤

これは食器を洗う洗剤になります。

ドラッグストアで気に入ったものを選んでみましょう。

 

トイレ用掃除シート

ここばかりは雑巾を使うわけにはいきません。

トイレ用の掃除シートを使って掃除しています。

たまに「ガンコな汚れはどうするの?」って聞かれますが、何日も放置するから汚れがガンコになります。

こまめに手入れすればトイレは綺麗なままですよ( ´∀` )。

(裏ワザで、コーラをトイレに貯めて流すと汚れが落としやすくなったりします)

 

お手製ツール

針金製のハンガーを変形させ、もう使わない靴下を通したものです。

これのおかげで、洗濯機の下のホコリ、冷蔵庫の下のホコリをかき出してくれます。

洗濯機や冷蔵庫のスキマって、絶妙にクイックルワイパーが入らないので、スキマ用の掃除道具は必要です。

結構、便利ですよ。

 

本記事は以上です。

最後にもう一度まとめますと、

  1. クイックルワイパー
  2. クイックルワイパー用シート
  3. ミニホウキ&チリトリ
  4. 雑巾
  5. 重曹
  6. クエン酸
  7. カビキラー
  8. 中性洗剤
  9. トイレ用掃除シート
  10. お手製ツール

 

今日はこの辺で。

スポンサーリンク

-節約術

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.