Sponsored Link

鼻呼吸って良いこと

アトピー対策はまず鼻呼吸な理由【親必見の知識です】

投稿日:2019年5月18日 更新日:



Yoshiaki
先日、アトピー持ち子供をお持ちのお父さんとお話ししました。

内容はこんな感じ。

父「子供がアトピーで、薬飲まないんだよね~・・。アトピー悪化したときの画像ググって子供に見せたらちゃんと飲んだよ~。」

話を聴いただけなのでなんともいえませんが、ググるなら「アトピー 改善」でやってもらいたかったですね・・・。

父親ならね・・。

 

アトピー対策は薬よりも鼻呼吸が先!な理由

アトピーはアレルギー反応なので体内の機能がしっかり働いていないと起こります。

体内の機能をしっかり働かせるには「加湿された、人肌程度に昇温された空気」が必要です。

 

それがアトピー発症時にまず鼻呼吸をしたほうが良い理由です。

なぜ体内の機能を働かせるには鼻呼吸が必要なのかを説明します。

 

鼻呼吸が体内の機能を良くする理由

少しだけマニアックなお話をします。

体内にはエネルギー生産をする細胞としてミトコンドリアがいます。

その細胞が元気よく働いてくれると、体内のあらゆる器官、臓器が活発になり、免疫力が高まるのです。

ミトコンドリアは酸素を摂取してエネルギー生産活動を行います。

鼻呼吸で取り入れた外気のほうが口呼吸で取り入れた場合よりも酸素量が多いので、ミトコンドリアがより活発になるという理屈です。



鼻呼吸体得のために日常生活でできること

まずは口をしっかりと閉じきること。

舌の筋力不足だと口を閉じ続けることが難しいので舌や口周りの筋トレをしっかり行いましょう。

舌トレ

舌トレがアトピーに効くとわかれば、お子さんは勿論、大人もモチベーションが沸くと思います。

是非親が率先して取り組み、お子様に見本を見せたいところですね。

 

口テープ

次に就寝時の口テープです。

以前の記事でも紹介しましたが、人間は本来鼻で呼吸しますので口はふさいでも構造上は問題ありません(もし行なうなら自己責任で御願いします)。

私も絶賛取入れ中です。

 

舌トレはアトピー改善にも効果が期待できますが、それ以外にもメリットはあります。

人間は1日6~8時間寝るとしたら、1日の30%程度寝ていることになります。

ここを鼻呼吸に強制的にシフトできたら、数日で効果が出そうですね。

一日6~8時間って何かに打ち込むには十分すぎるくらい長いですから。

 

「アトピー改善のために6~8時間口にテープをしたまま寝る」

 

シンプルで、効果的で、論理的ですね。

慣れてくればあっという間に朝になるので本当に無駄の無いアトピー対策だと思います。

鼻呼吸にシフトして、それでも改善が見られないようでしたら医療機関を受診しましょう。

 

全員がこれで治るわけではありませんので・・。

 

鼻呼吸がきっかけで病気の改善例は多い!

私も10代~20代前半まで、肌トラブル持ちでした。

歯列矯正を通じて多くの舌トレ、呼吸についての書籍を呼んでいくうちに、「口呼吸は病気を引き込み鼻呼吸は病気を治す」ことを知りました。

歯医者さんには感謝しかないです。

 

そして鼻呼吸へのシフトを目指し、日々試行錯誤をしていったら肌の状態がどんどん良くなっていきました。

そして見た目のコンプレックスが徐々に気にならなくなり、交友関係もうまくいくようになりました。

改善例も多いことから、アトピーも鼻呼吸で何とかなる可能性は絶対に高いと思います。

 

鼻呼吸をして、ミトコンドリアを元気にして、免疫力を高めて、アトピーをぶっとばしましょう!

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の30歳技術職。Pythonが好き。読むだけで貧乏を回避できるブログを運営。幸せの定義は人それぞれだと思う人間。専業主夫向きの性格しているらしい。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.