Sponsored Link

 厳選した愛する所有物たち

靴下にこだわらなくて洗濯が面倒な人は「かかとなし五本指靴下」一択

投稿日:2020年1月26日 更新日:


Yoshiaki
21歳から8年間以上私の足元を支え続けるアイテムを紹介します。

恥ずかしい話ですが、私は過去に水虫になったことがあります。

その経験があり、足元に気を配るようになりました。

そうして出会ったのが、かかとなし五本指靴下です。

 

今回の記事は以下の人に読んでほしいです。

  • 水虫になりたくない人
  • 靴下にこだわりがない人
  • 工場勤務をはじめとするブルーワーカー
  • 靴下にも合理性を求める人
  • 洗濯の手間を省きたい人

 

かかとなし五本指靴下は皮膚科の先生も一押しのアイテムでもあり、私はかかとなし靴下と8年以上付き合ってきた経験があります。

そんな経験をもとに、いかにかかとなし五本指靴下が合理的かを解説します。

*ファッション命!っていうメンズは本記事の内容は合わないと思います。

 

かかとなし五本指靴下ってこんなに合理的!

👆私の部屋に置いてあるやつです。

この靴下には合理的なポイントは2点あります。

  • かかとがなくて色が一緒
  • 色が黒い

ひとつずつ深めていきましょう。



かかとがなくて 色が一緒

これは洗濯の時に猛威を振るいます。

洗濯の手順って大まかに言って

洗濯機に洗濯物を入れる ⇒ スイッチON ⇒ 洗濯物を取り出す ⇒ 干す ⇒ 取り込む ⇒ 畳む

ですね。

 

ドラム式洗濯機を持っている人はもう少し手順が省けるのですが、あれは値段が高いです。

だいたい20万円くらいします。

なので、普通の洗濯機を前提にお話しします。

 

仮に、靴下を3セットいっぺんに洗濯したことを想像してみてください。

洗濯機を回したら、洗濯機内は必ず雑多になります。

洗濯物を取り出し、取り込んだりするときに4セット全てデザインが違ったら・・・

1個1個取り出して、確認しながら揃えていく作業が絶対に発生してしまいます

これ、結構無駄じゃないですか??

人によってとらえ方はそれぞれでしょうが、私はムカつきます。

靴下が、もっと言ってしまえば布切れごときが、私の大切な時間を奪うなんて許しがたいですから( ´∀` )。

 

毒を吐くのはこの辺にして、前提条件を変えてみましょう。

ここでかかとのなくて色が一緒の靴下だったら・・というパターンを考えましょう。

かかとがなくて色が一緒ってことは、取り込んだ時はどの靴下を選んでも必ず正解ペアになるのです。

言ってしまえば、必ず当たる神経衰弱ゲームですね( ´∀` )。

 

書き下ろしてみると、改めて思いました。

こんなに楽です。

干す・・・適当に2つ選んで干せばOK

取り込む・・・適当に2個選んで取っちゃってOK

畳む・・・適当に選んで畳めばOK

全部思考停止してオッケーなんです。

 

ちょっと横道に逸れますが、人間の脳は冷静に決断できる回数は決まっているそうです。

些細な事ですが、「靴下のペアはどこだっけ?」って毎回の選択のたびに頭をよぎってしまうのは、私にとっては脳のメモリの無駄遣いです。

なので、日常生活で思考、決断をなるべく排除することが私にとって重要です。

 

人生にとってどうでもいいことは決断する必要はないですからね。

私の脳のメモリは、もっと有意義なことに使いたいものです。

事実、家事を思考停止してこなせるような仕組みを作り上げて以降、効率化に磨きがかかっています。

 

色が黒い



色が黒いので、汚れがわかりにくいです。

説明としてはこれで十分でしょう。

 

工場は予期せぬ汚れがあったりするので白いオシャレな靴下を履いていくと大体泣くことになりますww

 

【超大事!】足指の湿気を吸い取ってくれる

これは水虫になりたくない人、現在水虫を治療している人にはありがたいことでしょう。

最初に申し上げましたが私は20歳の時に水虫になり、皮膚科に1年間通ったことがありました。

足が臭い、病院行ったほうが良いと指摘してくれた友人には感謝してもしきれません。

 

ここで水虫の原因についてざっと説明します(皮膚科の先生談)。

水虫の菌は湿気が残っていると活発に活動します。

ですので、足指を乾燥させること足指周りに湿気を残さない事予防治療を進める上で重要です。

菌に活動させなければ、お風呂に入りさえすれば大体落ちるからOKとのことです。

毎日お風呂に入る意義はそこにあります。

 

五本指靴下は、特に足指周りに湿気を溜めない事に役立ちます。

布が足指を囲い込む構造になっているわけですから当たり前ですね( ´∀` )。

足指部分の湿気は体温で蒸発し、ほとんど湿気が残りませんので非常に気分よく着用できます

これに関しては履いてみたらわかります。

足のにおいを軽減してくれる

これは特に若い男性ににとってはありがたいかもしれません。

においは湿気の高い所温度の高い所拡散することが知られています。

ちゃんと数式でもモデル化されていますので興味のある人は調べてみましょう。

 

先ほど申し上げた通り、五本指靴下は足指周りの湿気を残さない事が期待できますので、においを軽減してくれます。

*あくまで軽減です。撲滅したかったら専門の道具や治療が必要です。ちゃんとお医者さんに行きましょう。

 

8年間使ってみての感想

結論から申し上げると、とても快適です。

水虫に悩まされることは無くなりましたし、においも今のところ大丈夫です。

洗濯物もボケーっとしながらでもパーフェクトにこなせますし、生活をより効率的にしてくれました。

 

朝に靴下を選ばなくて良くなったので、私のミニマルライフにもぴったりとハマりました。

足元のオシャレより、合理性を求めるミニマリストは、五本指かかとなし靴下を持っても良いんじゃないかと思います。

 

最後に余談です。

穴が開いても修理すればもう1年くらい使えます。

 

最近は穴が開いても妻が繕ってくれるので、かれこれ2年近く買い替えないで済んでいます。

妻のおかげで、とても助かっています。

この場を借りて、妻に感謝の言葉を書き綴りたいと思います。

(妻は私のブログを読まないのですが(笑))

 

今日はこの辺で。

 

Sponsored Link

↓Twitterのフォローお願いします

人気の投稿とページ

Yoshiaki Tanuma

富山県メーカー勤務の機械制御系エンジニア。人ごみ、整理整頓が苦手。株式投資が好き。歯列矯正の備忘録をブログに書いていたら、とある読者さんからいただいた沢山の質問がきっかけで、このようなブログに落ち着いた。

お問い合わせは こちらのフォームでお願いします

    Copyright© Yoshiakiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.