年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

健康

ホリエモンに学ぶ幸せなセミリタイアの過ごし方2箇条

投稿日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

近年のセミリタイアブームにすこ~し危機感を覚えている会社員です。

 

本記事は「セミリタイアって幸せなのかな・・・?とっくに経済的自由を達成している有名人とかは、セミリタイアブームをどう見てるんだろう・・・?

 

って疑問が湧いた人向けの記事になります。

日本人の多くが知っているホリエモン氏が、色んなメディアでセミリタイアブームに対してコメントを残していましたので、今回まとめたいと思います。

 

では、まいりましょう。

 

ホリエモンに学ぶ幸せなセミリタイアの過ごし方2箇条

 

  1. 人と関わる活動をする
  2. 地方で家庭菜園

 

人と関わらないと孤独になっていまいます。

孤独は心の病気や体の病気の原因になるくらい、ストレス要因となり得ます。

また、人との関りがあれば、万が一お金に困ったときに助けてもらえる可能性も残せます。

完全に孤独だったら、助けてもらえる可能性はゼロですからね( ´∀` )。

 

なので、たとえセミリタイアをしても、積極的に人と関わって孤独は避けるべきって考えのようですね。

参考までに、ホリエモン氏のお母さまは不動産運営をするつもりだったのを、ホリエモン氏のアドバイスによって学童保育のボランティアに切り替え、心身ともに健康な毎日を送っているそうです。

セミリタイアする・しないに限らず、地域に根付いた活動に積極的に参加したいですよね( ´∀` )。

少なくとも、楽しくはなりそうです( ´∀` )。

 

地方で家庭菜園も幸せなセミリタイアに必須だそうです。

ボケ防止、適度な運動、野菜を生活に取り込みやすくなるからです。

 

何百平米の巨大な農園を管理するわけでもないので、身体への負担も適度です。

家庭菜園の隠れたメリットですね( ´∀` )。

家庭菜園レベルでも栽培できる野菜はたくさんあり、スーパーで買うよりも経済的なこともザラです。

 

日本人は農耕民族ですので、土いじりは根本的に落ち着くのかもしれませんね( ´∀` )。

これは私も実感しており(ラディッシュ、カモミール、アボカド栽培中)、何かしら育てることは続けようと思います。



幸せなセミリタイアに必要な条件

適度な田舎庭付き中古物件が当てはまりそうですね( ´∀` )。

地域内でのつながりがある程度強く、家庭菜園を営める程度の庭付き物件も安く手に入るからです。

都心の田園調布物件は、目玉が飛び出るくらい値段が高いです。

とても会社員には買えないでしょう(笑)。

 

 

ホリエモンが語るセミリタイアのリスク

 

足腰が弱り、脳が衰え、ボケること

 

人間は足腰⇒脳の順に衰え、ボケるそうです。

そのため、自分で積極的に動き回り、足腰に刺激を入れていくことが必要というわけです。

時代の便利さをひたすら受け取っていると、自分で動かなくなるでしょうから危険だと感じますね( ´∀` )。

 

 

ホリエモン氏が出演されていたYouTube動画でも「FIRE、セミリタイアはボケまっしぐら」と言ってました。

独身のほうがセミリタイアしやすいこともあり、人と会話せず、身体も動かさない生活につながりやすいからです。

 

家賃1万円台の物件に住み、引きこもるのは近代セミリタイアのテンプレと化しつつありますので、この通りにセミリタイアしたら時間の問題でボケてしまうでしょう。

ボケてしまったら、幸せな生活は難しそうですよね( ´∀` )。

 

事実、SNSで「セミリタイア達成!」を報告している人の大半は独身世帯です。

前述の通り、ボケないために、足腰を弱らせないために人と関わって脳へ刺激を送りつつ、土いじりで動き回る日常を実現する必要があるんだな~と納得しました。

 

*私はセミリタイアする気はありません



ここまで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>。

最後にまとめますと、

 

  • 人と関わること
  • 家庭菜園を営むこと
  • 収入でも資産額は関係ないこと

 

が幸せなセミリタイア要素と言えそうですね( ´∀` )。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-健康
-

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.