年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

貯金1000万円ノウハウ

掃除が無駄遣いを減らす理由2つ【貯金1000万円が解説】

投稿日:2021年8月19日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

無駄遣いを減らす目的で、掃除の習慣がある会社員です。

その甲斐あって、現在までに1000万円貯金することができました。

 

本記事は「掃除は無駄遣いを減らすことにつながるのか?」と疑問に思っている人向けに書きました。

 

結論から先に申し上げますと、つながります。

掃除を頑張ると

 

  • ストレスが減る
  • 外出が減る

 

からです。

 

この結論を実体験ベースで解説します。

では、まいりましょう。

 

掃除が無駄遣いを減らす理由2つ【貯金1000万円が解説】

 

もう一度結論を確認しましょう。

 

  • ストレスが減る
  • 外出が減る

 

ひとつずつ深めていきましょう。



ストレスが減る

 

まず、掃除をすると部屋は綺麗になります。

ゴミやホコリが部屋から取り除かれると、単純に気分も良くなりますよね( ´∀` )。

大抵の場合、綺麗な部屋は汚い部屋よりストレスが溜まりません(少なくとも、イラつかないはず)。

そこまでストレスが溜まってないなら、衝動買いする理由もなくなり、冷静にお金を使えるようになります。

 

無駄遣いの大半は衝動買いで、衝動買いの大半はストレスが原因です。

ストレス由来の買い物は、多くの場合はガッカリするものです。

ストレスを溜めないためにも、掃除を頑張りましょう( ´∀` )。

 

外出が減る

 

大抵の場合、綺麗な部屋は住み心地が良いです。

住み心地が良いと出不精になります。

つまり、長く家に居やすいので外出の機会が減ります。

 

外食、テイクアウト、ショッピングモール・・・外出先にはお金を使うポイントがたくさんです。

 

汚い部屋にイライラ ⇒ とりあえず外出 ⇒ 出先でお金を使う

 

がよくある無駄遣いパターンです。

このパターンを避けるために、はじめに掃除を頑張るべきです。

 

掃除の追加効果:余計な掃除道具を持たなくて済む

 

習慣があるとはいえ、私だって掃除は面倒です。

何回もやっていくうちに、要領よくキレイにしたい気持ちが芽生えてきます。

そして、掃除道具を厳選するに至りました。

 

余計な掃除道具を持たないことはシンプルに節約です。

購入するためのお金、維持するためのお金、買い直すためのお金が不要だからです。

 

現在は重曹、クエン酸、カビキラー、クイックルワイパー、雑巾、トイレ掃除用ペーパーだけで掃除がこなせるようになりました。

お掃除ロボやサイクロン掃除機はあっても良いのですが、持っていません。

厳選した道具で、身体と頭を使うアナログ掃除が気に入っているからです。

 

【黒カビ撲滅】カビキラーの能力をフル活用する6つのポイント

 

銅製の排水ゴミ受けの効果を持続させる掃除方法【化学専攻が解説】

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-貯金1000万円ノウハウ

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.