年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

ヒゲと薄毛

学生時代、薄毛に悩んで坊主にしたら失敗した体験談

投稿日:2021年10月1日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

「NBA選手に憧れている」って理由で坊主にしたことがあります。

そして、見事に失敗しました。

(その選手がめっちゃカッコよかったのです・・・気になる人は「ジェイソン・ウィリアムズ」で検索かけてください)

10代のころ、薄毛に悩んだ結果坊主にして「失敗したな~」って経験をした会社員です。

 

本記事は「薄毛なんだけど、思い切って坊主にしようかな?」って人を思いとどまらせる内容です。

繰り返しになりますが、そんなことは辞めましょう。

 

以下、私の体験談になります。

ぜひ最後まで読んでいただき、ご自身の頭にバリカンを入れるべきかもう一度考えてくださいね( ´∀` )。

では、まいりましょう。

 

薄毛に悩んで坊主にしたら失敗した体験談

過去の話をします。

当時は多感な10代でした。

精神的に未熟な事に加え、自分自身の事もしっかり把握できていなかったせいか、坊主にすれば良い方向へ転がると考えていました。

 

当時の私の脳内にはこんな考えがありました。

 

  • 薄毛が目立たないかも?
  • 髪の毛が太くなるかも?
  • 案外、似合うかも?

 

こんなことを考えてました。

我ながら都合の良い考えばかりですね・・・( ´∀` )。

 

そして、期待は見事に外れてしまうのでした。

次の章で坊主にした結果どうだったのかを掘り下げます。

 

坊主にした結果

先ほどの3点に結果を加筆します。

 

  • 薄毛が目立たないかも? ⇒ むしろ目立つ
  • 髪の毛が太くなるかも? ⇒ そんなことは無い
  • 案外、似合うかも? ⇒ ありえないくらい似合わない

 

ひとつずつ解説します。

 

坊主にしたら、薄毛はむしろ目立ちます。

まずはヘアスタイルに関してです。

薄毛でも髪の毛の長さを調節することで誤魔化すことはできますが、坊主にすると髪の毛の長さに差を出せないので誤魔化しがききません。

カツラをつけるか、髪が伸びるのを気長に待つしかありません。

 

また、この世にあなた一人しかいないのなら目立ちませんが、何人かの人と一緒に並ぶと目立ってしまいます。

結局、目立つかどうかは他人との比較になってしまいますので坊主にするのは薦めません。

(10代、20代では、まだ薄毛はマイノリティですよね)

 

髪の毛も太くなりません。

よく、すね毛を剃ると毛が太くなるって聞きますが、あれは毛の太い部分が表面に出てくるだけです。

毛の真ん中あたりは毛先が細い部分に比べて太いので、すね毛が濃くなったように見えるのです。

そして、数日で毛先が丸くなっていきます。

髪の毛も同じ理屈です。

バリカンで刈りたての時は濃くなった感覚はあるかもしれませんが、数日で毛先は丸くなります。

 

薄毛に坊主は似合いません。

坊主もひとつのヘアスタイルですし、髪の毛が十分にあってこそ成り立つヘアスタイルです。

イケてる野球部のエースは坊主でもキチッと決まります。

それはしっかりと髪の毛があるからです。

だから自分も・・・ってなると思います。

でも、そうはならないです。

 

坊主の似合う人とトイレとかで一緒に並ぶとわかりますが、「薄毛でも、坊主なら似合うんじゃ・・・?」って希望は木っ端微塵に砕け散りました。

 

以上、薄毛である私が坊主にした結果でした。

あまり良い記憶ではないですね( ´∀` )。

 

薄毛が坊主にするリスク

それでも坊主にしたい人は、坊主にするリスクも知っておきましょう。

当時の私がこれら3点を認識していたら、間違いなく坊主にする暴挙には出ませんでした(笑)。

 

  • 髪は早く伸びないので迅速なリカバリーは不可能
  • 薄毛がかえって目立つ
  • 結局、髪は増えない

 

こちらもひとつずつ解説します。

 

髪は早く伸びないので迅速なリカバリーは不可能です。

髪の毛は1日に0.2mm程度しか伸びませんので、数センチ伸びるのは1カ月とか2カ月待たなきゃいけません。

髪型で誤魔化すにしても、ある程度の長さが必要です。

坊主にすると、髪形もいじれず髪の毛が伸びるのを待たないといけません。

 

坊主にすると、薄毛がかえって目立ちます。

特に、薄毛は坊主にすることでコンプレックスが丸出しになりますので、リカバリー不能は痛すぎますね。

薄毛に悩む人ほど、薄毛の現実を認識できないものです(体験談)。

 

「あらゆる髪型は髪の毛が十分にあってこそ成り立つ」

 

これを認識で来てませんでしたし、悔しくて認めなかったでしょう。

坊主にしちゃうと、かえって自分を追い詰めてしまいますので辞めましょう。

 

坊主にしたところで、結局髪は増えません。

坊主は髪の毛がすごく短くなるだけですから、本数が増えることはないからです。

よ~く考えれば誰でもわかることですが、薄毛の人は「坊主にしたらもしかしたら・・・」って希望を持ちがちです(体験談)。

再び申し上げますが、そんなことは起こりません。

薄毛で悩むと、マジでこの辺盲目になっちゃうんですよ・・・。

最後にもう一度。坊主にしたくらいじゃ、髪の本数は増えません。

 

以上、坊主にするリスクでした。

薄毛で悩んでいる人は短絡的に行動を決めたり、突飛な行動を急ぎがちです。

ぜひいったん立ち止まって、よく考えてみることをおススメします。

 

【体験談】薄毛は坊主にせずショートヘアにしよう

 

坊主にしないなら、ショートヘアにしましょう。

髪の毛の長さは全体的に6~7cmくらいにして、もみあげや襟足は短めにしましょう。

要するに、よく見かける普通の髪型にすることです。

 

普通の髪形にするべき理由として、以下の3つがあります。

 

  • 職場や他のコミュニティで浮かない
  • 坊主よりは、薄毛が目立たない
  • 意外と薄毛を指摘されない

 

坊主のような、ある種極端な髪形を避ける事で、集団で浮きませんし、日本人の奥ゆかしさ(?)のおかげで意外と薄毛を指摘されることもありません。

この傾向は年齢を重ねるほど顕著です。

歳を取るとハゲてくる人も徐々に増えてきますので、大きく出られないのでしょう。

明日は我が身ってやつですね(笑)。

 

これは私の体験談ですが、職場や学校などの事情が許せばヒゲを生やすと良いことが多いです。

 

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-ヒゲと薄毛

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.