買わない生活

レースカーテンの黒カビに漂白剤が使えないは嘘【5年使えてます】

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

湿気が多くてカビの生えやすい富山県に住んでいます。

家で使っているレースカーテンはお外の光を取り込みつつ外から見えない構造で、ちょっと良いカーテンを使っています(ニトリで5000円くらい)。

毎年レースカーテンに生えた黒カビを塩素系漂白剤(キッチンハイター)を使って春先に漂白しています(一回200円くらい)。

👆最近、我が家のレースカーテンを漂白し(通算6回目)、黒カビをリセットしました。綺麗でしょう?( ´∀` )。

 

本記事は

レースカーテンを漂白するのに塩素系漂白剤を使ったら傷まないかな・・・

レースカーテンに黒カビはさすがに嫌だな・・・でもクリーニングは高いっぽいし、できる事があるなら自分でなんとかしたいな・・・。

って考える人向けに、レースカーテンを傷めない塩素系漂白剤の使い方を解説します。

 

塩素系漂白剤は注意点さえ守れば、カーテンを傷めず、安全に効果的に黒カビに効いてくれます。

本記事の方法は6つのアイテム一回200円くらいでカーテンの漂白が出来ますので、余計な物を揃える必要もなくコスパも良いです。

冬場に生えてしまった黒カビを除去して春先をスッキリ迎えたい黒カビを安く除去したい節約志向な人は ぜひ最後までご覧になってくださいね<(_ _)>。

では、まいりましょう。

 

レースカーテンの黒カビに漂白剤が使えないは嘘【5年使えてます】

繰り返しになりますが、レースカーテンの黒カビに漂白剤は有効です。

本記事は、ネットでよく見かけるオキシクリーンに代表されるような酸素系漂白剤ではなく、塩素系漂白剤を使った方法を解説しています。

塩素系漂白剤:ドラッグストアで売っているキッチンハイターなど

ちょっとオキシ漬けについてお話しします。

ネット上では、オキシクリーンを使った通称”オキシ漬け”が流行っていますが、あれは有効性というよりパフォーマンスです。
(YouTubeやインスタグラムで多く見かけるのは、撮れる画が派手で見栄えが良いからでしょう)

👆こんな感じの画が撮れます( ´∀` )

この記事を読んでくださる人は、カメラでの撮れ高よりも実利性をお求めかと思います。

かくいう私も実利性重視なので、塩素系漂白剤を使用しています。

 

話を塩素系漂白剤に戻しますと、度を越してしまうとカーテンを傷めます。

漂白剤の濃度が濃すぎたり漬け置きする時間が長すぎる 等)

黒カビが落ちても、カーテンが痛んで台無しになってしまったら使いたくないですよね( ´∀` )。

レースカーテンの黒カビに漂白剤が使えない説は、先人の失敗から生まれたものでしょう。

 

繰り返しになりますが、塩素系漂白剤は注意点をしっかり守ればカーテンを傷めずに漂白できます

(しっかりカーテンの塩素系漂白剤表示は確認しましょうね。カーテンの端っこについてます。)

具体的な方法は後述します。もう少し読み進めてみてくださいね<(_ _)>。

👆我が家で使っているカーテンの品質表示です。三角形に斜め線が2本入っているのは塩素系漂白剤に弱いことを示しています。つまり、塩素系漂白剤を使う際は適切に使用することが大切です。

この表記の場合、レースカーテンに塩素系漂白剤が使えないってわけではないので、ぜひ安心して読み進めてくださいね( ´∀` )。

それを踏まえて、次の章ではレースカーテンを傷めない黒カビの取り方を解説します。

 

【漂白剤使用】レースカーテンを傷めない黒カビの取り方

まず、必要な道具から説明します。

レースカーテンを傷めず黒カビを取るために必要な道具は以下の6点です。

  1. キッチンハイター
  2. 100均の洗濯ネット
  3. 白い樹脂製の洗濯カゴ
  4. お湯(40℃くらい)
  5. 洗濯機
  6. ゴム手袋

 

これらを駆使して黒カビカーテンを漂白していきます。

手順は

ハイターとお湯にカーテンを漬け置き ⇒ 洗濯ネットに入れて洗濯機へIN ⇒ 洗濯

で、割とシンプルです。

この際に守るべき注意点として、

  1. ハイターの濃度をキチンと設定する:お湯(40℃)5Lに対し、ハイターキャップ3杯分
  2. 30分~1時間漬け置き⇒洗濯ネットに入れてすぐに洗濯
  3. カーテンだけ洗濯する

これら3点を守れば、レースカーテンを傷めることなく5年くらいはもつことでしょう。

*ハイターがついたカーテンを触る際は、必ずゴム手袋をしてください。皮膚が溶けちゃいますので・・・。

 

余談ですが、漬け置きの容器は白い樹脂製の洗濯カゴを使っています👇。

ケースが柔らかくて、とても使いやすいからです。

(スペース的にも十分で、レースカーテン4枚分がすっぽり入ります)

また、漬け置き作業が終わったら、洗濯カゴもピカピカになります。

(カーテンを漂白しつつ、洗濯カゴの漂白・除菌もできて一石二鳥です)

漂白作業のために物を増やさないで済みますし何回も使えますし使用するお湯の量も最小限です。

自分で言うもの何ですが、無駄が削ぎ落されたカビ取りプロセスだと思います。

このように、自宅でもレースカーテンの黒カビを安全に効果的に除去することができます。

手順さえ確立してしまえば、自宅でも簡単にできるようになりますよ( ´∀` )。

慣れれば、1日で完了できます。

 

【価格比較】自宅でレースカーテンのカビ取りにかかる値段 VS クリーニング店の黒カビ取り料金

ここで自宅でカビ取りした場合と、クリーニング店に依頼した場合のコスト比較をしてみましょう。

クリーニング店に頼んだ場合

普通のカーテン(178cm×100cm)なら3560円~4300円ほど
*大きいほど、高級素材ほど値段は上がるようです

出典:コジカジHP

 

本記事で使うのはキッチンハイター(180円くらい)とお湯洗濯機くらいなので、一回の黒カビ取りに200円もかからないでしょう

カーテンの大きさやグレードにもよりますが、毎年4000円かかるのと毎年200円では、20倍くらいの差が出ます。

20倍って無視できないくらい大きい差だと思いますので、節約志向な人は ぜひ本記事の方法にトライしてみてくださいね( ´∀` )。

レースカーテンが真っ白になって、普通に使える状態ならば値段は安いほうがお得ですしね( ´∀` )。

 

ぜひ、リーズナブルに黒カビをリセットして、気持ちよく春を迎えましょう( ´∀` )。

*値段が凄い高いレースカーテンを使っている人は、プロの業者さんにクリーニングに出したほうが良いです。本記事はあくまで「ニトリとかで売っている普通の値段のレースカーテン」を使っているご家庭向けの方法です。

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

まず、レースカーテンに塩素系漂白剤は使えます

(しっかりとカーテンの品質表示を確認しましょう)

自宅でレースカーテンのカビ取りに必要なものは以下の6つです。

  1. キッチンハイター
  2. 100均の洗濯ネット
  3. 白い樹脂製の洗濯カゴ
  4. お湯(40℃くらい)
  5. 洗濯機
  6. ゴム手袋

 

手順は

ハイターとお湯にカーテンを漬け置き ⇒ 洗濯ネットに入れて洗濯機へIN ⇒ 洗濯

守るべき注意点は

  • ハイターの濃度をキチンと設定する:お湯(40℃)5Lに対し、ハイターキャップ3杯分
  • 30分~1時間漬け置き⇒洗濯ネットに入れてすぐに洗濯
  • カーテンだけ洗濯する

 

クリーニング店へ頼むのなら、確実にカーテンを傷めずにプロの技でカビを取ってくれるでしょう。

しかし、業者さんに頼む以外にも、本記事のように自宅で安く行う方法もあるとご理解いただけますと幸いです。

レースカーテンが真っ白だと、室内が明るくなり、気分も上がりますよ( ´∀` )。

 

こんな感じで黒カビを除去して節約もしつつ、気分を上げて楽しんでいます。

自分で出来ることは自分でやって結果を出す、お金を使わない生活って思ったよりも楽しいです。

(これまでやったこととして、節約術修理日記として残しています)

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-買わない生活

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.