年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活ブログ。派手さ、奇抜さはありません。

Yoshiakiブログ

捨て活 貯金1000万円ノウハウ

節約できる捨て活のやり方を貯金1000万円達成した会社員が解説

投稿日:2021年5月30日 更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

定期的な捨て活が習慣の貯金1000万円を達成した会社員です。

 

本記事は「節約できる捨て活のやり方を知りたい」って声にお応えします。

本記事を読んでいただければ節約できる捨て活方法を知ることが出来ます。

今回解説する習慣は貯金ができる生活につながった経験からきたものですので、ぜひ最後までご覧になってくださいね<(_ _)>。

 

では、まいりましょう。

 

節約できる捨て活のやり方を貯金1000万円達成した会社員が解説

 

結論:要る・要らないの仕分け捨てる・売るの仕分けゴミ捨て&無料宅配サービスの利用

 

最初に言っておきますと、この方法は労力とコストが最小限な方法で、かつ効果が最大です。

ひとつずつ深めていきましょう。

 

要る・要らないの仕分け方法

はじめに、要らないものをあぶりだします。

例えば、以下の4つは不要なケースが多いです。

 

  • 収納グッズ
  • 1年間着ていない服
  • 1年間読んでない本
  • 使う頻度の少ない調理器具

 

これらはおそらく、実生活から無くなっても問題はないはずです(体験談)。

勇気をもって、要らないものとして仕分けちゃいましょう。

 

仕分け後は「買わないものリスト」を作りましょう

ここにリストアップできたものは、今後お金を出して買わないものです。

要らないものに仕分けされた中からもう買わないものを決めると余計な出費が減ります。

つまり、普通の人よりお金が余る可能性を上げることができます。

紙に書いてもスマホのメモに残しても良いので、ぜひ作って覚えておきましょう。

 

参考までに私の買わないものリスト要らない理由の一部を共有します。

 

  • 消臭剤(コーヒーカス、重曹で代用可能)
  • ゴミ箱(段ボールで自作)
  • シャンプー、リンス、コンディショナー(湯シャン、冷水シャワー)
  • 髪のカット代(セルフカット)
  • トイレ用洗剤(トイレ掃除用ペーパーで事足りる)
  • 洗顔料(使わない)

 

これらは貧乏時代の生活で確立しました。

これら6項目には、今後もお金を使うことはないでしょう。

必要ないことはわかっていますからね( ´∀` )。

 

捨てる・売るの仕分け

さて、次に「捨てるか、売るか」の仕分けについてです。

考えることはこちらです。

 

「ゴミ袋行き」かそうでないか

 

目安はリサイクルショップに持って行って嫌な顔をされないかどうか

「あ~こりゃ無理だな・・・もう使えなさそう・・・」ってものはゴミ袋に入れましょう。

 

この選択をミスっても死にはしませんので、気楽にやりましょう。

心配な人はゴミ処理業者さんに電話して聞きましょうね( ´∀` )。

 

ゴミ捨て&無料宅配サービスの利用

次はゴミ捨てです。

今お住まいの自治体のルールを確認して、ルールに則ってゴミを出しましょうね( ´∀` )。

特に地方でこういった自治体ルールを無視し続けると、ゴミを出しても持ってってもらえなくなります

ゴミ捨てのルールを守る、やることはこれだけです。

 

ルールがわからなかったら自治体や市役所に聞きに行きましょう。

 

捨て活をサポートしてくれる無料サービス

 

ゴミ捨てに仕分けられなかったものは買い取ってもらいましょう。

つまり「宅配買取り」です。

宅配キットを注文し、要らないものを詰めて、査定して買い取ってもらうシンプルな方法です。

処分費用を取られるわけではなく、利用者は無料で利用できるので、安心です( ´∀` )。

 

無料宅配キットの申し込みはコチラ▼


 

【注意点】節約できない捨て活について

 

生活必需品すら捨てることです。

これといった考え無しに動いてしまう人や、ミニマリストであることに病的にこだわってしまう人が陥りやすいです。

 

生活必需品すら捨ててしまうと

 

  • 外食多め
  • ジム、サブスク、宅配サービスなどの利用が多くなる
  • 他人からドン引かれて孤独になる

 

といったことになりうるので、健康と財布に風穴があいてしまいます。

捨て活と言っても、何もかも無くすってことではないので断捨離には目的をもってくださいね( ´∀` )。

あくまでしたい事に集中するための手段として、有効に使っていきたいですね( ´∀` )。

 

11年間定期的な捨て活をした結果節約・貯金体質になった!

 

はじめに申し上げた通り、会社員になってから1000万円貯金しました。

色んなことに挑戦し、生活環境も変わっていく中でも続けていたのは捨て活です。

余計なものを私生活からなくし、当時の目標(お金を余らせゆとりを作ること)から外れる危険性を消していたからです。

 

この習慣が無かったら、間違いなく貯金1000万円は達成できませんでした

 

何回もサイクルを回すことで日々の買い物を見直し徐々に無駄遣いを減らしていくことができたからです。

今後も貯金体質でい続けるために、定期的な捨て活は続けていきましょう( ´∀` )。

 

SDGSが盛り上がる中、使えるモノまで捨て活しちゃいますか?

 

SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

 

この言葉に関しての説明はコチラの記事にお譲りしますが、なんでもかんでも捨て活する習慣はこの考えに逆行します

 

ものに関して、まずゴミを出さない。

そして世に出たものはしっかり循環させるのが理想です。

 

これを叶えてくれるのが

 

要る・要らないの仕分け捨てる・売るの仕分けゴミ捨て&無料宅配サービスの利用

 

の手順です。

上記の手順を踏めば、地球環境に配慮した行動ってことになります。

 

▼無料宅配キットの申し込みはコチラ▼


👇大量の本、PC(Windows、Mac)、壊れたiPhone、ブランドの服の出張買取サービスまとめはコチラ<(_ _)>。

【物を減らす方法】不用品買取りサービス5つを紹介します

 

新型コロナウイルスが蔓延していることも相まってか、世界の目指すべき方向がSDGsって言葉に集約されているように思えます。

普段の生活や習慣が世界を良くする方向へ関わっているのって、自己肯定感が上がります。

 

私の習慣は世界が目指すべき方向につながってます」って言えるのってとっても素敵です。

自己満足でも素敵です。

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-捨て活, 貯金1000万円ノウハウ

Copyright© Yoshiakiブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.