年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活をまとめたブログ。ちょっと変わった経験も書いてあります。

Yoshiakiブログ

エンジニア

電気設計に必要な知識はこのように身に付けてます【案外安いです】

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

とあるメーカーの会社員で、現役の電気設計エンジニアとして働いています。

電気を本格的に学んだのが28歳くらいからですので(大学は化学専攻です)、働きながら知識を身に付けてきました。

自分で言うのも何ですが、実戦的な知識を要領よく身に付けてきた自負があります。

*もちろん、就業時間以外での自学は必須でしたし、きつかったです。

 

本記事は

電気設計の仕事に必要な知識ってどんな感じなのかな?勉強の仕方がわからない・・・。

って声に、ひとりのエンジニア目線で私見を申し上げます。

 

結論から言いますと、思った以上に多様な学び方がありますし、案外お金がかからずにできることばかりでした。

電気系でもそうでない人でも役に立つ内容だと思いますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね<(_ _)>。

では、まいりましょう。

 

電気設計に必要な知識はこのように身に付けてます【案外安いです】

以下、私が実践している電気設計エンジニアとして必要な知識を得る方法です。

お金がかからないものばかりですので、始めやすいと思います。

  1. PLCそのものを学ぶ
  2. 電子機器メーカーのカタログ・マニュアルを見る
  3. 現場の人と話す
  4. 開発プロジェクトを経験する
  5. ホームセンターへ行き、商品を観察する

ひとつずつ深めていきましょう。

 

PLCそのものを学ぶ

PLCに関しての本は何でもいいです。

大体どの本でも、書いてある内容は大差ないからです。

ただし、自分にとって理解しやすい本の表現内容は人それぞれです。

ですのでテキトーに1冊を選ぶのではなく多くの本を読んで最終的に自分の相棒を決める方がロスが少ないです。

(本を読む際は、図書館やメルカリを利用することをおススメします)

お気に入りの1冊を選び、基本的な事(設計する上での定石も含みます)を学んだら、あとは実戦で知識・やり方を身に付けるのが効果的です。

浮気は禁物です(笑)。

私は👇この1冊にとことん書き込んでいます(実物は汚な過ぎてお見せできませんが(笑))。

 

電子機器メーカーのカタログ・マニュアルを見る

電子機器メーカーのカタログ・マニュアルは冊子、PDF問わず眺めています。

理由は仕事道具への造形を深め、仕事をスムーズに行うためです。

マニュアルに書いてある内容がわからないと、ソフト設計は無理です

 

電気設計エンジニアは、開発に使う電子機器は仕事道具も同然です。

開発する上で押さえておきたい情報が電子機器メーカーのカタログ・マニュアルにはたくさん書いてあるので、電気設計エンジニアは読みこなせるようにしましょう。

 

職場での休み時間に読むことも、非常に効果的です。

 

現場の人と話す

は?これ関係あるの??」って思うかもしれませんが、メチャメチャ重要です。

メーカーの電気設計エンジニアの作るものは、生産ラインで使われるものが大半だからです。

(生産ラインの開発のみならず、商品そのものを開発する場合もありますが)

 

そのため、製造現場の人とお話しし、現場の実際を把握することが必要になります。

技術者は現場のニーズに合ったものを開発してナンボですので、事前の会話は十分に行いましょうね( ´∀` )。

個人的な感想ですが、現場の人と仕事の話や雑談するのは結構楽しいですし、ある程度の雑談があったほうが、開発がスムーズな印象です。

 

開発プロジェクトを経験する

開発プロジェクトを経験することで、電気設計エンジニアとしてプロジェクト推進のためにするべきことを学ぶことが出来ます。

プロジェクトは自分だけではなく、色んな部署の人が絡むことになるため、周りをよく見て立ち振る舞う必要があるからです。

 

プロジェクトをこなす中で、上手くコミュニケーションを取りつつ自分の役割を果たす経験はとても貴重です。

プロジェクトメンバーに選ばれて、担当業務を振られない限り得られない経験だからです。

(もちろん、担当業務をこなすスキルがあるのは当然です)

 

業務スキルを得ることに一生懸命な人はよく見かけますが、「今のプロジェクトを頑張って推進しよう」って考える人が少ない印象ですので、せっかくならプロジェクトメンバーとして出来ることを学んじゃいましょうね( ´∀` )

設計以外のことを頑張るのは一見無駄に見えますが、結果的に昇進しやすいですよ( ´∀` )。

 

ホームセンターへ行き、商品を観察する

これはオマケ要素です。

ホームセンターにいくと、電気設計に必要な物がある程度置いてあります

(第2種電気工事士の実技試験でお世話になる人もいらっしゃるかと思います)

日々の仕事に使えそうで、かつホームセンターに置いてあるものを大まかに押さえておきましょう。

なぜ押さえるべきかをお話しします。

 

理由として、非常事態への備えです。

非常事態=設計ミス となるとマズいからです。

(本来あってはなりませんが)設計ミスがあって、急遽設備に部品を追加しないといけないシチュエーションになったら、通販していたら間に合わないのでホームセンターでさっさと調達して修正することを考えます。

プロジェクトがうまくいかない時に動ける人が仕事のデキる人ですので、この手の非常事態に備えておくべきです。

本来やる必要がないことなんですけどねぇ・・・( ´∀` )。

 

【体験談】化学系出身でも、電気設計はやっていけるようです

最初の方で申し上げましたが、私は大学で化学を専攻していました。

なので、電気を体系立てて学んだ経験は皆無です。

(物理は得意でしたが、電検3種の資格取得以外では あまり関係は無かったです)

それでも業務を滞らせず(当然周りの方のサポートもあります)、うまくやっていけています。

 

無論ラクではなく👇、上手くやっていくには ある程度ポイントを押さえておく必要があります。

 

ポイントは以下の3つです。

  1. 職場の人全員に敬語
    礼儀正しくない人が助けていただけるわけがありませんよね( ´∀` )お相手が年下だろうが関係ありません。
  2. 「わからない言葉は高速でググる」を継続する
    知らない言葉を聞く前にググるのはエンジニアのたしなみです。
  3. わからないことはちゃんと聞く
    アラサーくらいになると、つまらないプライドが邪魔して、スッと聞けないこともあるようです。

先を見て打算的に動けというわけではないですが、社会人たるもの礼儀とたしなみは最低限必要です。

(そして、なぜか年齢を重ねるごとに忘れていく人も多い印象です。忘れちゃうんですかねぇ?)

特に、私のような他分野から来た素人はなおさらです。

ただでさえ実力不足なわけですから、「よし、コイツなら助けてやってもいっか程度に思われる程度の人柄じゃないとダメだと思います

たぶん、どんな職場でもそうなんでしょうけど( ´∀` )。

(世間で言われている「職場ガチャ」は、私の場合は大当たりだったと自負しています)

 

知識不足は、最悪独学でもなんとかなる可能性もあるかもしれませんが、周囲の人から嫌われちゃうと間違いなく詰んでしまうと思います。

  1. 職場の人全員に敬語
  2. 「わからない言葉は高速でググる」を継続する
  3. わからないことはちゃんと聞く

これら3つは自分で決心してやるか やらないかの問題ですので、実践しようと思えば今日からでもできると思います。

 

本記事は以上です。

最後にポイントをまとめます。

  1. PLCそのものを学ぶ(代表の1冊は決めておくと良いかも)
  2. 電子機器メーカーのカタログを見る
  3. 現場の人と話して、ニーズを掴もう
  4. プロジェクトを経験して、業務全体を学ぼう
  5. 不測の事態に備え、ホームセンターへ行き、商品を観察する
  6. (私の例で恐縮ですが)化学系でも、電気設計エンジニアとして働けています

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-エンジニア

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.