年収300万円台会社員のお金を使わない節約生活をまとめたブログ。ちょっと変わった経験も書いてあります。

Yoshiakiブログ

エンジニア

プログラミングスクールは意味ない理由4つを電気設計エンジニアが語る

更新日:

スポンサーリンク

Yoshiaki
こんにちは。私はYoshiakiと申します。

とあるメーカーで電気設計エンジニアとして働いている会社員です。

本記事を書くにあたりまして、

  • プログラミングスクールに通って後悔した人を多数知っている
  • 自身は完全独学でプログラミングを学んだ

経験をもとにして私見申し上げます。

 

本記事は、

プログラミングが流行っているけど、1から学ぶにはプログラミングスクールに通った方が良いのかな?

インフルエンサーもプログラミングスクールを推しているしな・・・

結局、プログラミングスクールって意味あるの?

って疑問に、ひとりの実務者としてお話ししたいと思います。

結論を先に言いますとプログラミングスクールは意味ないんじゃないかな・・・と思います。

というか、有効なケースがあまりないと言った方が適切な気がします。

以下、この結論に至った理由4つを説明します。

また、知り合いの話で発覚したプログラミングスクールの闇(というか現実)だったり、社内でプログラミング業務を獲得した体験もお話ししますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね<(_ _)>。

では、まいりましょう。

 

プログラミングスクールは意味ない理由4つを電気設計エンジニアが語る

以下、プログラミングスクールは意味ないなぁ~と思う理由4つです。

  1. スクールに支払う額がスキルに見合わない
  2. 自分でプロダクトを作る過程が一番身に付く(趣味、実務)
  3. 企業が欲しい人材になれるとは限らない
  4. スクール運営者の養分になってしまうかも

ひとつずつ深めていきましょう。

 

スクールに支払う額がスキルに見合わない

プログラミングスクールは結構な額のお金がかかります。

(数十万円~100万円オーバーが相場みたいです)

プログラミングスクールで教える内容は基礎的な部分を教えるところが多いようですので、本で学べる内容を時間をかけて教わって会社員になったりお金を稼いだりできるのか甚だ疑問です。

厳しい言い方になりますが、プログラミングの基礎的な内容の本👇が理解できない人はエンジニアの適正があまりないと思います。

自学できないって、言い換えると自走できないってことですからね( ´∀` )。

もちろん初見で理解できないにしても、不明なワードはググり、最終的に理解できればオッケーです

会社員目線で言わせていただきますと、上司と仲良くして社内のデカいPJにねじ込んでもらって、残業を頑張る方がまだ建設的だしコスパも良いと思います。

プログラミングスクールに数十万円~100オーバーを投じる価値があるのか、今一度考えてみましょうね( ´∀` )。

 

自分でプロダクトを作る過程が一番身に付く(趣味、実務)

これは私の体験談です。

大昔、私はウェブカメラのオートフォーカス機能が許せず(カメラ操作が上手くなりたいにもかかわらず、カメラが勝手にピントを合わせたことにイライラしましたww)、マイコンをつないでコードを書いて解除したことがきっかけで、プログラミングを学んでみようと決心しました。

とりあえずプログラミングをしてみて、何か達成したことがある人は本で独学することも不可能ではないと思います。

たまたま私は「ウェブカメラのオートフォーカスを取り払いたい、ピントは私が決めたい」って目的があり、それを達成するためにプログラミングが必要だったので、自分でプロダクトを作る過程を経験出来ました。

 

プログラミングを使わないと実現できない&作りたいプロダクトって、探すのが難しいです。

ちなみに会社はプログラミングをしないと解決できない案件はたくさんありますので、あなたが会社員だと見つけるのは簡単です。

プログラミングを使わないと実現できない&作りたいプロダクトを探すことは、スクールに用意してもらうより会社で紹介してもらう方が現実的です。

 

企業が欲しい人材になれるとは限らない

プログラミングスクールを卒業しても、企業が欲しがる人材になれるかは微妙です。

素人に毛が生えた程度、実務経験がない人を即戦力として雇う可能性が低いからです。

普通、大学で一生懸命プログラミングを研究してきた人を新卒で採り中途採用なら実務でプログラミング業務をこなした人を採るからです。

スクール卒業生はどちらのパターンでもない以上、企業が求める人材とは言い難いと考えるべきかと思います。

 

スクール運営者の養分になってしまうかも

運営者は受講者へプログラミングをカリキュラム通り消化してもらって受講料を一括orローンで払ってもらうことが目標です。

受講者のその後は知ったこっちゃないのは、覚えておきましょう。

(なかには就職あっせんまで面倒見るスクールもあるようですが、ひどい所を紹介されることも多いとのこと)

前述の通り、スクールへの授業料は多額ですので無駄遣いしないように検討しましょう。

養分にならないためには、そもそも受講しないのが一番です。

 

【闇】素人をプログラミングスクールに送り込むビジネスモデルが一番儲かる

以下、プログラミングスクールのビジネススキームに魅せられた若者が私に話してくれた内容です。

人様から聞いたお話しなので、参考程度に捉えていただければと思います。

知り合いの話

Yoshiakiさん、プログラミングスクールって良いですよね!!

あ、自分が行くんじゃなくて運営するってことですよ!!

初心者向けなら講師も実力者じゃなくても大丈夫みたいですし、受講者の受け皿になるブラック企業はたくさんあるし、数名の優秀な生き残りを広告塔にしちゃえば宣伝もバッチリ!

やっぱ結局、右も左もわからん奴をスクールに送り込むのが一番儲かるんすよねww

(一部文章を変えています)

うん。これが現実だと思います。

最近ではプログラミングで副業したりできるようになりましたが、技術で大儲けできるエンジニアはごく少数です。

プログラミングをガチガチに勉強したくないけど、お金はたくさん欲しいって人は、プログラミングスクールに初心者を送り込むスキームに行き着きます。

 

試しに「プログラミングスクール 〇〇」で検索かけて、上位のサイトにアクセスしましょう。

そして、プログラミングスクールの優位性を声高に発信しているサイトを見てください。

必ずアフィリエイトリンクが貼ってあるはずです。

(ちなみに仮想通貨も一緒です)

*Yoshiakiブログでは、プログラミングスクールのアフィリエイトリンクは貼っておりません

読者様は注意してくださいね( ´∀` )。

 

【体験談】入社4年目、28歳でプログラミング業務を獲得した話

私は技術系総合職として就職し、以下の方法で入社後にプログラミング業務を獲得しました。

上司レベルにプログラミングができる(興味がある)ことを知ってもらう 仕事を振ってもらう

非常につまらないと感じるかもしれませんが、会社員ならこれしか方法はないでしょう。

社内で勝手なことをしちゃいけませんしね( ´∀` )。

上司に自分の魅力(プログラミングに造詣があること)を伝え、仕事を振ってもらうなら働きつつ実務経験も積めます。

社内でキャリアアップをするにせよ、転職をするにせよ、職場での業務経験が無いと話にならないのでオーソドックスに実務を獲得しましょうね( ´∀` )。

 

私は この時獲得したプログラミング業務がきっかけで、現在は電気設計エンジニアへなることができました。

それなりにきついですが、毎日楽しいです。

 

本記事では、プログラミングスクールは意味ないんじゃないかな・・・と思う理由をお話ししました。

もちろん、本当に最新技術が学べるスクールもあるでしょうし(その分値段も高いでしょうけど)プログラミングスクールそのものを全否定するつもりはありません。

(実際、最新鋭の技術をギュッとまとめて教えてくれる、お値段が高いコースもあるそうです。お金持ち用なんでしょうね( ´∀` ))

スクールの実態を知って、ご自身に必要かどうかを検討すればそれで正解だと思います。

最後にポイントをまとめます。

  1. スクールに支払う額が得られるスキルに見合わないかも
  2. 自分で色々と悩み、プロダクトを作る過程が一番身に付くでしょう
  3. スクールを卒業しても、企業が欲しい人材になれるとは限らない
  4. スクール運営者の養分になってしまうかも(気を付けて!)
  5. 今の職場でプログラミング業務を探すことは可能!

 

今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク

-エンジニア

Copyright© Yoshiakiブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.